Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

2008年 08月 29日 ( 1 )

終わらない日常

d0064815_1231687.jpg
なにかとイベント事の多かった夏休みももう終わりです。

毎日、相変わらず育児や家事にヒィヒィ言いながら生活していますが、自然と私と子供二人きり、というペースが出来上がっているようで、実家に帰ったりしても、楽しくて子供のお世話もしてもらえてラクチンな反面、いつものリズムが崩れて疲れてしまう、という面も確かにあったりするのです。
愉快で綺麗な友達にたくさん会えた夏休みだったので、鏡の中の化粧もほとんどしていない疲れた三十路女の自分を見ると、どーんとへこんでしまったりします。
外の世界で頑張っている女性には、今の私のような生活は安穏として見えるのだろうなー、と思う。でも、誤解を恐れずに言えば、戦うフィールドがちょっと違うだけ、だと思うんですよ。
安野モヨコの「働きマン」の中で、結婚して家庭に入っているかつての友人たちとのいろんな感覚の違いに松方弘子が落ち込んでいると、友人医師が、「あたしたちとは鍛えた筋肉が違うんだよ」というようなことを言うシーンがあったけど、まさにそうだよなあ、と思います。
女の人はみんな戦っているんだよー。女としての優劣を無理やりつけなくたっていいじゃないか!みんな頑張っているんだ!
あれ?私は何に対して怒っているのかな。ある種の女性たちに見下げられているように感じる自分?そういう目をする女性たち?こんなことを考えさせる日本の社会?わかんないな。もやっとするな。

恭一は夏休みが終わる前に床屋さん(理容室ってやつ?)に行って、髪の毛をさっぱり切ってきました。髪の量も増えて髪質も硬くなってきたので私のテキトウカットじゃどうにも誤魔化しきかなくなってきました。
写真ではわからないけど、すっきりした襟足と、ちょっと残したモミアゲがポイントです。
少年らしくなったよ。
[PR]
by wg2mizu | 2008-08-29 12:45