Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

私写真

d0064815_13171773.jpg上田義彦氏が家族の写真を写した写真集がずっと気になっていて、図書館で借りてみました。
すごく良いと思いました。被写体が美しいからかなー。
家族や恋人の写真を集めた写真集って、とても個人的な感じがするし、なぜそんなものを世に出すのかわからない、という意見も聞くけれど、私は基本的に好きです、興味深いというか。
自分が新しい家族を持ったから、というよりも、分かりやすくて人間味が感じられる、シロウトの私にも、とっつき易い題材、ってことなんでしょう。でも分かりやすいとは言っても、私写真を撮れる写真家は限られてしまうのじゃないかな、とぼんやり思います。凄みを感じます。

スティグリッツによるオキーフの肖像をはじめとして、荒木経惟氏も陽子さんの写真を撮ったし、古屋誠一氏も奥さんの写真を撮ったし(名前を忘れてしまった、悲しくて見ていられないような。)、最近では長島有里枝氏もダンナさんの写真集を出していたし、藤代冥砂氏も田辺あゆみさんの写真を撮っていたし、ホンマタカシ氏も娘さんの写真を撮っていた?
例を挙げるときりがないんでしょうが、愛するモノを写した写真には当然愛が感じられて、良いと思うのです。
お金を出して買おうと思うことは少ないけど、上記の「at Home」はちょっと欲しくなってしまった。子供が四人というところがなんとも。。。
[PR]
by wg2mizu | 2006-09-01 13:47