Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

ガンバレ残暑。

d0064815_227426.jpg最近の恭一は、「外に出たくて出たくてたまらない」病です。たとえ外が35度の炎天下であろうともお構いなしです。部屋で座って本など読んでいる私のもとに、ハイハイでヒタヒタと忍び寄り、私の肩に手を置いてよっと立ち上がり、顔面をぐいぐい手のひらで押して(結構凄いチカラ)、外へ連れてけ、とアピールします。暑いからヤだなー、と私がグズグズしていると、更なるチカラで、頭突き、張り手、タックルの猛攻撃をしかけてきて、決して諦めません。そんな恭一に負けて、午後の一番暑い最中に散歩に出ることがしばしば。外にいると恭一は、顔中キラキラさせて嬉しそうです。暑いのに。。。
でも、私、暑いのキライ、なのだけど、コドモの頃ってどうだったっけ、と思い出すと、夏、大好きだったような気がします。二時間100円とかの区民プールに毎日通いつめ、水風船をぶんぶん振り回して遊んで、真っ黒に日焼けしていなかったっけ。
じゃあ、なんで今、暑いのキライなのかな、と考えてみると、
・日に焼けてシミになりそう
・汗をかいて肌がペトペトして、すぐ汗臭くなる
・化粧がくずれて脂ぎった顔になる
とかそういうレベルのことで、もしかして本質的に暑いのがキライというわけじゃないのかもしれない、と気付きました。歳を取る、ってことは要らない感覚をたくさん身につけることでもあるんですね。
というわけで恭一のために(?)、暑い夏、を前向きに楽しもうと努力中です。汗、かいたっていいじゃないか、化粧くずれたっていいじゃなか、お日様ギラギラで汗だくだくで気持ちが良いね、恭一さん。
ほとんどヤケッパチですけれど。
[PR]
by wg2mizu | 2005-08-24 22:36