Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

里帰り

夏の帰省が終わりました。
帰るたびに横浜の実家が、私にとって、居心地良いんだか疲れるんだかよく分からない微妙な場所になっていきます。実家にパラサイトしていた頃の私は、絵に描いたようなグウタラ娘をしていたので、今実家に帰ったときにちゃっちゃか片付けをしたり台所に立ったり洗濯をしたりするのが、妙に恥ずかしかったりするのです。親の前ではいつまでもグウタラ娘を演じて(というかそれが本来の姿なんだけど)いたいような、いい歳してそんなことしてるのも恥ずかしいような、我ながら変な気持ちになります。
d0064815_2051652.jpg私の両親は相変わらず、歩くのが好きで、うっかり一緒に散歩に出ると、「アンヨもままならないコドモを連れてくる所じゃなかろう?」とつっこみたくなるような場所に連れて行かれます。まあ、恭一はずっとじぃじが抱っこしていてくれるので良いっちゃ良いんですが、恭一もろともコケられたりすると恐ろしいわ。ちなみに写真の場所は、横浜市内の某渓谷です。
横浜にいる間、一日おきのペースで友人に会い続けました。会いたい人全員にはやっぱり会えなかったけれど、とても気持ちが落ち着きました。私は、はっきり言って、友達の数は少ないけれど、質の高い友達がいるなぁ、とつくづく幸せを感じました。大阪でのサバイバル(?)生活に
向けての良い充電になりました。
d0064815_20565394.jpg恭一は、今、なんでもかんでも指差して「アッタ!アッタ!アッタ!」と報告してくれるのがブームです。
[PR]
by wg2mizu | 2005-08-21 20:59