Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2012年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

一年生、修了。

今日で小学校もおしまい。
次に学校に行くときは、恭一も二年生です。

私はいつもドーンと構えた大きいお母さんになりたいのに、
実際は、心配性で神経質でネクラなお母さんです。
だけどその「実際」の部分を人に見せるのが苦手なので、
なんだかいつもヘーキなふりをしてしまう。
ひとりで勝手に戦って、ひとりで勝手に疲れてる。

学校へ行く恭一の背中を見送るのも苦手。心配で心配でオナカ痛くなるから。
少し帰りが遅いと、落ち着かなくなって、迎えに出てしまいそうになるのをグッとこらえています。

子供が良くない方向に進んでいないか、
笑顔に曇りがないか、
いつもビクついている。

でも、そーゆーお母さん(しかも核家族。お父さんは平日は子供に関わる時間はほぼゼロだし、子供が抱える問題を本質的に理解しているのかナゾ。)と向き合う子供は、
逃げ場がないよなー。

さて、私たち親子はどこに行き着くのかしら。

母が解ってない力を、恭一はきっと持ってる、いや必ず。
信じてます。
そして、お母さん、もっともっとおっきくなるのだ。
d0064815_2244187.jpg

[PR]
by wg2mizu | 2012-03-23 22:06

パン作り

d0064815_1742341.jpg
私のてっぱんスイーツ、抹茶のムース。
を持って、出かけた先は……

親子パン教室~
ママ友達がパン教室をご自宅でしているので、親子四組で参加!

d0064815_1744541.jpg
子供たちが作ったのは、チョコチップ入りのどうぶつパン。
粉類を計量するところから、コネコネ、形成まで、みんな子供たちが自分でやりました!

d0064815_175415.jpg
母たちが作ったのは、ふわふわのチーズリング。
焼きたてをいただきましたが、すごーく美味しい!

私は自分でパンを焼いた経験がなくて、できるかな~って感じでしたが、先生がちゃんと教えてくれて美味しいパンが焼けました。
そして、幼い頃、母がパンを焼いてくれたときの香りとおんなじで、懐かしい気持ちになりました。

小学校は明日まであるので、今日集ったのは幼稚園児のみ。
さあさあ、二人とも春休みに入ると、母は疲れる毎日になるのだ~。
[PR]
by wg2mizu | 2012-03-22 17:10

かわいい子なので

d0064815_9571337.jpg
栞一は、スイミングスクール主催の日帰りキャンプに出かけました。
アスレチックで遊んで、お弁当食べて、イチゴ狩りをして、うさぎと遊んで帰ってくるんだそうな。
一日フルコース。スイミングには特定の友達がいるわけじゃなく、もちろん親も同伴しないんだけど、メニュー的に栞一の大好きなものばかりなので、「行く?」って試しに聞いてみたら、「行きたい!」と元気な返事だったので、申し込みました。
ツルまないと何もできない人が結構多い中で(私にだってそのケはある)、栞一はひとりで立っていてえらいなーって思うことがしばしば。
かわいい子なので、どんどん旅をさせるべきなのでしょう。

d0064815_1005435.jpg
抹茶のラングドシャを焼いてみました。
抹茶は焼き菓子に使うと、色はとても綺麗に出るんだけど、風味はあまりしなくなるなー。レシピ、改善の余地ありだな。
[PR]
by wg2mizu | 2012-03-18 10:03

さよなら

d0064815_13252566.jpg
30年以上前の写真。
オモエバ、トオクヘ、キタモンダ。

私とは身長差が30センチ近くあった小さいおばあちゃん。
編み物が上手だったおばあちゃん。

もうずっと、さよならです。

春休みにお参りできるかな。
大阪から冥福を祈ります。
[PR]
by wg2mizu | 2012-03-05 13:27

今日のお茶

d0064815_176378.jpg

キャラメル風味のクグロフにフルーツのゼリー寄せ。(友達作)
ジンジャーミルクティー。

d0064815_1765312.jpg

シナモンコーヒーのクッキー。(わたくし作)

心落ち着かぬことが色々ある最近です。
私は、私の、やることをやるしかないのだ。
[PR]
by wg2mizu | 2012-03-01 17:08