Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2011年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

グズグズ言いたい。

恭一はグズグズ言うのが大好きなお方。なんだかんだでしょっちゅうグズグズ言います。子供にグズられるのって疲れます。それも、もう赤ちゃんじゃないからね。少年だからね。
こだわりがあったり、気分の切り替えが下手だったり、自分の思い通りにならないことが許せなかったり、色んな課題を持った人なので、
「グズグズ言うな!!言うことを聞けーっ」って大人が声を荒げても、効果は無いのです。(むしろ、火に油。)
だからなるべくならば、「それじゃあ、アナタはどうしたいのか?」っていうところを聞いてあげて、こちらが聞き入れられることだったら気持ちを汲んであげるし、妥協できることならば恭一の言い分を通してあげる。
(例えば、お父さんはラーメンを食べたいけど、恭一は回転寿司が食べたい、って言えば、恭一の希望優先。ってこれは、子育て世帯では当たり前かしら)
だけど、生活において、全てそれをしちゃうと、生活全般が恭一に引きずられて滅茶苦茶になっちゃうし、恭一はただのワガママな人になっちゃうし、引くこと・我慢することも覚えさせなければならないので、その線引きは難しくていつも苦労します。
聞き入れることのできない無茶な要望もたくさんあるしね。

そんな恭一の最近の一番のグズグズネタは、「歯」。
生え変わりの時期で、グラついている歯があったり、抜けたり、かみ合わせが変わったり、六歳臼歯が生えてきたりで、口の中がいつもどっか不快・気持ち悪いらしい。
もともと感覚過敏の気があるから、すっごい大騒ぎです。
先日は、「上の歯が痛い!!痛すぎる!!我慢できない!!何も出来ない!!」ってそれこそ火がついたように泣き出して、歯医者へ駆け込みました。
歯軋りしすぎて上の前歯にヒビが入り、神経が出て痛みが出たようです。
「抜いて!この歯、取っちゃって!!」と本人が言うので、麻酔して抜歯してきました。
「どうしてこんな痛い想いをしなきゃなんないの!?ボクが!!」とか、
「もーヤダ!!歯なんてみんな取っちゃいたい!!」とかグズグズ言われても、
これは聞き入れられない要望よね~……
「みんなそういう時期があるんだよ」って穏やかに話しても、分かってくれないしぃ。

母、すっごい疲れます。


d0064815_1412189.jpg
テーブルに置いてあるヒヤシンスは恭一が幼稚園で育ててきたもの。
[PR]
by wg2mizu | 2011-02-24 14:14

バレンタイン

d0064815_146283.jpg
雪が降りました。寒い。
これくらいの雪なら喜んでもいられるけど、本格的な雪国の苦労はどれほどか……

d0064815_1473168.jpg
バレンタインだったので、恭一にお友達がチョコレートを届けてくれました。
かわいい顔した女の子ですが、とっても活発で男子とサッカーしたり野球したりするのが大好きなお嬢。もちろん恭一なんかよりサッカーも野球もよっぽど上手。
女子達が興じている「プリキュアごっこ」とかは、「全く意味が分からないので、ノーサンキュー」な感じなんだって。すごい男前なガールです。
運動会などに向ける本気具合には痺れます。連続逆上がりも連続前回りも歯を食いしばってクルクル回ってます。そのガッツを我が息子たちにも是非見習ってほしいところ。
ステキです。

d0064815_14122955.jpg
栞一にも同級生の女の子がチョコをくれました。虫が大好きな栞一にてんとう虫の形のチョコ。
「どうしてもカンチャンに渡したいの!」って言って、お家まで招待してくれました。

そうゆうお友達がいる、ってことに感謝と喜びがいっぱいなのです。
[PR]
by wg2mizu | 2011-02-14 22:05

冬のお茶会

お菓子作りのセミプロとも言うべき友達と「お菓子講習会」を兼ねての女子会~。
本日、作ったのは……ショートブレッドです。
d0064815_161695.jpg
プレーンな生地にパンプキンシードを散らしたものと、ココア生地にチョコチップを散らしたものと、生地に紅茶とレモン汁を混ぜこんだもの、三種類焼きました。美味いよ~。


食事やオヤツは持ち寄りで、私は今日はスイーツ担当だったので、抹茶のムースと、余った卵白で抹茶風味の焼きメレンゲを作って持って行きました。好評でした。
d0064815_161927100.jpg
d0064815_16193933.jpg


美味しいものを食べながらのお喋りに癒されました。
自分が辛いとき、随分助けてもらった友人たちです。
[PR]
by wg2mizu | 2011-02-01 16:20

再読

昨年末に京都の友達と「ノルウェイの森」を映画館で観ました。(映画館なんてひっさしぶり!)
菊池凛子は年齢的にちょっときつい、やっぱり肌が……とか、
「直子」が入っていた施設の場所の設定は「京都の山奥」だったはずだけど、あのロケ地は絶対兵庫県っぽい!……とか、
「レイコさん」はあんなマダムっぽいイメージじゃない……とか、
水原希子ちゃんがカワイかった……とか、
映画館を出たあと、やいやい感想を言い合うのって、久々でとても楽しかった。
映画版「ノルウェイの森」も結構好きでした。
でも、そもそもこれが「究極の恋愛物語」だったっていう認識がまず自分になくて、「そっか、恋愛モノだったんだ」ってなものだったし、
やっぱり小説を読んで抱いたイメージとは色々異なる。それが面白いんだけど。
トラン監督の「青いパパイヤの香り」とかまた観たくなった。

で、原作ってどんなだったんだっけ?って気になって、小説を再読しました。
そしたら、10代に読んだ感じとはやっぱり違って、勢いづいて村上春樹作品(主に初期のもの。自分が10代から20代前半に読んだ作品)を、がしがし再読中です。
結構、夢中。

Yちゃ~ん、やっぱり「ダンス・ダンス・ダンス」で主人公は美味しそうなご飯を色々作ってたよ~。
[PR]
by wg2mizu | 2011-02-01 16:13