Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2010年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

秋の夜長

恭一の変な咳がずっと続いていて、騙し騙し生活していましたが、どうもスッキリせず、夜も咳で何度も起きちゃうし、咳き込みすぎて吐いちゃうし……なので、昨日、病院で血液検査&胸のレントゲン。
気管支炎起こしていました。すぐ点滴。
「肺炎、起こしかけやな」って先生にも言われたけど、発熱は全然なかったんだよな~。
点滴したせいか、昨夜はぐっすり眠れていました。
こないだまで夏のような暑さだったのに、急に冬の寒さになって、喘息持ちの子供の身体には堪える気候です。
私は自分が喘息になったことがないので、その辛さというのをいまいち分かってあげられないのよね。

子供が体調悪く、ちょこちょこ起きてしまう夜は、私も熟睡できないので、読書が進みます。読みたい本があんまり見つからない日々が続いていたんだけど、「田辺聖子全集」を読み始めてから、はまってしまった。全集だからまだまだたくさんある。まだまだ読み終わらない。と思ったら嬉しくてワクワクするよ。
d0064815_10463331.jpg

[PR]
by wg2mizu | 2010-10-29 10:48

また食べ物のこと。

d0064815_18465598.jpg幼稚園も冬服に衣替え。日が短くなって朝晩は随分寒くなってきました。恭一は、喘息が出たり、蕁麻疹が出たり、なにかと心配続きだけど、栞一は元気満点ですよ。
こないだ幼稚園をちらっと覗いたら、お弁当を食べ終わった栞一が、お友達と肩を組みながら、なにやら楽しそうに走り回っていて、私の姿を見つけたら、「あら、ママ、何してんのー。カンチャンねえ、今、幼稚園、来てるの!!」だって。知っとるわぃ。周りにいつもお友達がいてニコニコ楽しそうで幸せそう。
d0064815_18471387.jpg先週の土曜日は芋掘り遠足に行ってきました。今年のイモは痩せっぽち。猛暑のせいみたいです。
でも、茹でて潰して、バター・砂糖・小麦粉・卵と混ぜて焼いたら、美味しいクッキーになりました。
我が家のメンズ三人もこれはみんな食べてくれます。それぞれ好き嫌いの多い人たちなので、三人みんなが喜んで食べるものって、意外と少ない。タコヤキとソフトクリームくらいかしら。
私は、男でも女でも食べっぷりの良い人が好きだよ。ぐちゃぐちゃこねくりまわして結局残すような人は嫌いだよ。
[PR]
by wg2mizu | 2010-10-22 18:57

豊かな昼食。

d0064815_21395356.jpg
d0064815_21405268.jpg
今日は仲良し三人で久々にランチ。
私が住む街の隠れた名店で、九月始めに予約の連絡をして、ようやく予約取れたのが今日、という人気店です。
女性がひとりで全てをきりもりしていて、お客さんも三組が限界という小さな店構え。「かもめ食堂」のちょっと豪華版みたいな感じです。素朴だけど味わいのある器とシンプルなお店の内装。
ひじきの玉子焼き、南瓜とゴーヤーの白和え、さんまのトマトソース煮、人参と大根の酢の物、冬瓜まんじゅう、椎茸のスープ、南瓜とチーズのコロッケ、茄子の挽き肉挟み揚げ、玄米と雑穀のご飯、味噌汁、
に、小豆のアイスクリーム。
野菜たっぷり、ヘルシー。で、超絶美味。
人気の理由がよーく分かった。また行きたい。他ではなかなか食べられない味でした。

でもね、あまりのボリュームに少し食べ残してしまったのです、私たち。
そーしたらお会計の時に、「料理を残されるの、好きじゃないんです」と浮かない顔で静かに、でもきっぱりと言われてしまった…
しかし、その後にわざわざ謝罪の連絡が入って、「お客様に大変失礼なことを言いました。でも、料理は私の分身であり、本当にいろいろな想いを込めて一生懸命作っています。どうかご理解下さい」と。
その方のブログとか見てると、料理に対して、ほんとに真剣で、本気。商売っ気がなくて、でもとにかく美味しい物を作って、誰かに食べてもらいたい。という一種、職人的な姿勢が見え、すごいな、って思った。
やっぱりまた行きたい。今度は完食します。
すっごい豊かな食事をさせてもらいました。

なんに対してであれ、真剣で誠実な人は美しいと思う。
それから、出された料理を食べ残す、というのは基本的に品性に欠ける行為だな、と改めて思いました。(満腹であれ、ダイエット中であれ、ね)
[PR]
by wg2mizu | 2010-10-14 22:03

秋のいろいろ。

7日の木曜日は幼稚園の運動会でした。
恭一は特別な行事も集団行動も苦手なので、毎年運動会を観戦するのはハラハラします。
今年は、栞一と二人同時に参加する最初で最後の幼稚園の運動会なので、写真撮影は業者のカメラマンの方にお任せし…、じっくり観戦しました。松山からジイジとバアバも観に来てくれたのよ。
小さなハプニングは多少ありましたが(朝から「寒い」だの「暑い」だの「眠い」だの機嫌が悪いし、バンブーを使ったダンスが始まる前は何が気に入らないのか、入場門の所でグズグズ泣いているし、リレーでは前を走るお友達を抜かせなかったことが悔しくて泣きながら脱走しようとするし……)、でも恭一にしたらすごく頑張っていました。
何よりも、ダンスの時や、行進の時などに、仲良くしてくれているお友達が絶えず恭一のことを助けてくれていて、動き方もサポートしてくれていたし、しかもそれがとても優しい感じで、ホントにホントに泣けました。
歳がいくとどんどん涙腺が緩くなるなあ。
集団に合わせられない恭一を、大勢の人様の前に出すことを、ためらうような気持ちが正直なところ私の中にもあって、運動会の前日は不安でなかなか眠れないくらいだったのだけど、とっても良いものを見せてもらいました。

あ、栞一ね。かけっこもダンスも楽しそうでしたよ。終始ニコニコ。こちらは今のところあんまり心配ないの。
あと、今年は保護者リレーにマイ夫も出たの。
一家総出の運動会でした。

d0064815_12312149.jpgで、翌8日は、京都の土屋鞄で恭一のランドセルを注文してきました~。バアバがお祝いに買ってくれました。
まだ背中よりもランドセルの方が大きいくらいだけど、良く似合っていたよ。
恭一が、ランドセルかー。早いなあ。

来週は芋掘り遠足。行事が続きます。
[PR]
by wg2mizu | 2010-10-09 12:38

メガネっ子

d0064815_16195126.jpg
恭一、メガネ君になったのよ。
近眼なのです。
良く見えて快適みたいです。

近眼で、喘息持ちで、発達障害で。って書くと、とっても大変そうな子供さんですね。
うん。実際、ラクじゃない。結構、大変です。あちこち病院通いが絶えません。

でもね。私にとって、恭一といったら、この恭一なのです。そういうの、全部ひっくるめて、恭一なのです。
今は、恭一の毎日が楽しく笑顔いっぱいになるように、あれこれ考え、頑張るのです。
そしてだんだんと、恭一自身が楽しみを見つけて、自ら笑顔になれる生活を送れるよう、サポートする立場に回り、
ゆくゆくは、大きくなった恭一の背中をうしろから黙って見ていられたら、万々歳なのです。
ラクじゃあない道だけど。色々あるだろうけど。

お母さんになって、いろーんな側面から物事が見られるようになったし、ある意味、心は平静です。

きよちゃん、ちばりよー。
[PR]
by wg2mizu | 2010-10-06 16:29