Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2010年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧

本能

d0064815_102485.jpg
d0064815_102127.jpg
d0064815_1022035.jpg
下り坂を見れば、必ず、「ワーッ」と言いながら、駆け下りる。
なぜ?
「そこに坂が在るから」
大きな石を見れば、必ず、上る。
なぜ?
「そこに石が在るから」

多分、男子の本能なんでしょうね。(ホラ、栞一の背後でも、石によじ登る少年が……)
ちなみに、夫も上っていました。

日曜日、京都に、恐竜の化石を見に行ってきました。
恭一の将来の夢は、「恐竜博士か、忍者」らしいよ。
今度は忍者屋敷にでも行ってみようかな。

恭一は月曜日に幼稚園で吐いて、早々にお迎えしました。その後も、ちょっとちょっと大丈夫?って言うくらい吐きまくって。
吐いた直後に、「お腹空いた。なんか食べたい」と訴え、なんか食べて、また即、もどす……
吐き気止めの座薬を入れて、ようやく落ち着いてきました。胃腸の風邪が随分と流行っている様子です。
[PR]
by wg2mizu | 2010-01-27 10:08

そうだ図書館に行こう。

地域の図書館が新システム導入のため、ってことで、年末年始かなり長く閉まっていました。
我が家は相当、図書館のお世話になっていて、私などは夫に「それだけでも高い税金納めている価値がある」って言われるくらいのヘビーユーザーなので、
この長い閉館はかなり堪えました。読む本が無くて、無駄に携帯電話をいじって、有料コンテンツとかに手を出しちゃったよ。
そんな図書館もようやく再開。わーいわーい。
と思って借りた好きな作家さんのエッセイの中に、
「作家にとって何より嬉しいことは増刷。ということは同じ読者でもやっぱり自ら買って読んでくれる人と、図書館で借りて済ませる人では、自分にとって価値が違う。図書館は確かに便利だけども、本というのはいわば『色んな世界』に旅をさせてくれるツールであって、それを無料で手に入れるのと、時には失敗もしながら自分の懐を痛めて手に入れるのでは、読者にとっても価値が違うのだ」
というようなことが書いてあった。
しょぼん。
そりゃー私も買えるなら買いたいけれどね……
なんだかんだとお金がかかる生活の中で、どーしても真っ先に切ってしまいがちなんだよなー、本代。
今年も図書館でもりもり本を借りるゾ。
[PR]
by wg2mizu | 2010-01-22 12:41

アがったり、サがったり。

栞一が、嘔吐&下痢&熱の風邪をひきました。病院に行くと、
「今、流行ってるからねー。おかーさんには多分うつるで。まー、もれなく三キロくらい痩せられるけどなー。どうする?」とニヤリとお医者さんに言われ、
む。それはなかなかに魅力的なおハナシ、とも思いましたが、胃腸の風邪はやっぱり辛いので、うつらない方向で行きたく、消毒手洗いなど徹底しておりましたが、
やっぱり私には、しっかりうつった。夫と恭一は無事だったのでヨシとするかの。
私は自分にうつった気配を感じて早々に病院に行き、手を打ったので、残念ながら三キロは痩せられなかったけど、一キロくらいは痩せた(ような気がする)ので、ヨシとするかの。
さらに、私の発熱が始まった寒い寒い日に、幼稚園の階段から滑り落ち(私)、腰をしたたかに打ちつけました。
身体、ぼろぼろじゃ。

ところが、身体の回復と並行して、お友達関連のグッドニュースがいくつか続けて飛び込んできました。
私はエネルギーを自家発電するより、近しい人の頑張りやシアワセに触発されて、エネルギーをもらうタイプの人間なので、俄然元気になってきました。
私もがんばるのだ。

そうそう。先日、オトモダチと京都でデートして、素敵な御茶屋さんに連れていってもらったんです。一保堂さん。
私は玉露をいただきました。
一卓一卓に秒針付きの時計が置いてあって、お店の人が「お湯を適温に下げる方法や時間」などをそばで指南してくださる。玉露って、こんなに美味しいお茶だったんだー。びつくり。
珈琲が得意でない私には、珈琲&ケーキよりも、玉露&和菓子の方が嬉しいです。
彼女と京都を歩くといつも良い所に連れて行ってくれてシャーワセになります。
d0064815_14231261.jpg

[PR]
by wg2mizu | 2010-01-17 14:26

今年のお正月

d0064815_1629441.jpg
帰省はしませんでしたが、横浜から母が来てくれていました。黒豆、伊達巻、かまぼこ、たづくり、かずのこ、などを持ってきてくれて、地味ながらも食卓が若干はお正月らしく彩られました。
母が来る前は、いろんな所に行こう、あそこへも行こう、と考えていても、いざ来てもらうと、張り詰めていたものがプツンと切れる感じで、私はなーんにもしたくなくなってしまう。ひたすら家でボケーとしていたくなってしまう。それか、母が来てくれた途端、体調を崩すとか。
ほっとしてしまうんだと思います。
夏に帰省したときも、隙あらば昼寝をしていた私。
もうちょっと実家が近かったら良かったんだけどな……と、思っても仕方ないことだけどね。
今回も近所をウロウロお散歩したくらいでした。あとは母が子供たちを公園に連れ出してくれたり……。
おかげさまで、今年は箱根駅伝にどっぷり浸れました。テレビにへばりつき。


d0064815_16355919.jpg

母が帰る前の日は、夫もお休みだったので、以前からずーっと行ってみたかった(夫がね)焼肉屋さんにみんなで行きました。
偏食で、外食が大苦手の恭一氏も「肉」が好きになってきたので、焼肉屋さんならオッケーみたい。
栞一氏はいつでもどこでも、食いしん坊!!


d0064815_16392916.jpg
横浜のジイジからお土産。木工の動物組み木細工?を作るのに凝っていらっしゃる様子。上手。かわいいよ。


ところで、年末から右手首がとっても痛い私。腱鞘炎かしらん。湿布しとくくらいしか手が打てぬ。どうしたら治るのかなー。今、パソコンキーを打ったりマウスをいじったりしてるだけでもズキズキする…
[PR]
by wg2mizu | 2010-01-07 16:44

あけましておめでとうございます。

d0064815_11591422.jpg
とはいっても、おせち料理も食べないし、夫もいつもどおりに出勤して、笑っちゃうくらい普通の朝です。
お天気いいなー。けど、風が冷たいなー。とか思いつつ、子供たちと「トミカかるた」してます。
子供たちと会話を楽しめるようになったので、数年前のような孤独感は感じることが減りました。
あと10年もして、子供が年末年始、家に寄り付かないようになって、夫も仕事で、で、家に独り取り残される方がよほどよほど孤独でしょうな……私の生きる場所も家以外にも見つけないとな。と、ぼんやり思ったり。

今年もどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by wg2mizu | 2010-01-01 12:04