Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏休みが始まった!!

d0064815_21175146.jpg
夏休みに入りました。
うちでも、ミニプール開きです。
今年は、スイミングスクールの短期クラスに通う予定。なんとカンチャンも!泣くかなあ。泣くだろうなあ。

先日、女の子のお友達が三人うちに遊びに来てくれて、みんなで庭でスーパーボールすくいをしていたところ……
女の子がニコニコ笑いながら、「あ!ヒコーキ!」と空を指差しました。
恭一は慌てて、「え?どこどこ?」と探します。
すると、女の子は「ウソだよーん」と言いながらニコニコ。
恭一は、きょとん。
再び女の子が、「あ!ヘリコプター!」と笑います。
恭一はまた「どこどこ?」と慌てる。
女の子は、「だから~、ウソだよーん」とニコニコ。
恭一は、きょとん。
何度でも引っかかる。
別に意地悪されてるわけじゃなくて、「からかいがいがある」って感じで女の子たち、面白がる。
なんか、将来の姿が見えるような。
でも、私は恭一のそういう素直なところが、愛らしくて好きです。

そんな夏休み。

8月には帰省をする予定なので、お暇な方は遊んでくださーい。
[PR]
by wg2mizu | 2009-07-25 21:27

裸の天使?

d0064815_18225893.jpg

夏の課題。
栞一のオムツはずしです。
犬のように、ちょこちょことマーキングするように、そこかしこにオシッコを垂れる人……
ズボン脱がして、パンツ取り替えて、床拭いて、と繰り返しているうちに、
だんだん面倒臭くなってきて、ついに、裸。
裸のまま、帽子を被って、走り回る人。
失敗しても気にしないの。そんでまた、オシッコ垂れるの。

さてさて、夏のうちに、完全にはずれるかしらん。
[PR]
by wg2mizu | 2009-07-21 18:25

傷を舐めてもらう。

幼稚園の園長先生(初老のシスターです)と懇談する機会をいただく。
栞一のプレクラスが一緒のメンバーのママさん方、8人で園長先生を囲む形。
職業柄、という言い方は失礼なのかもしれないけれど、園長先生は人の心を解きほぐす名人です。
「今まで、とっても辛かったことってどんな経験でしょう?」という問いかけに、
ママさん達、真剣に考え、大事に言葉を選んで訥々と語ります。
そしてみんな自分で語りながら、涙が溢れてしまうのね。
聞いている面々も、それぞれ身につまされる話だけに、みんな泣いてしまうの。
園長先生は、ママさん達を決して責めず、「認めて」いました。それに余計に涙を誘われるのね。

私も普段はそんなことはあまり考えないのだけれど、改めて問われて、真剣に考えて、
やっぱり恭一産後のことを思い出しました。
ちょうどこのブログを書き始めた頃のことですね。
大阪にやってきて、時間を空けずに妊娠して、子供が産まれた。
だけど、私は住んでいる街のこともよく分かっちゃいないし、
友達はいないし、親戚も皆無だし、夫も仕事で留守がちだし、本当に呆然としていた。
閉ざされたマンションの部屋で、泣き続ける子供を抱えて、一緒に泣いてた。
今まで築いた人脈もいっぺんに途絶えてしまった感じで。
それなりに真面目にやってきた自分の今までが一気に消えて、
急に知らない街に、泣きまくる子供を与えられて、放り込まれた感じ。
一体自分の今まではなんだったんだ?一体これからどうなっていくんだ?
というあのなんとも言えない不安な感じ。
やっぱり思い出すだけで辛いのでした。


その頃に比べて、私ははっきり言って強くなったよ。
友達もたくさん出来たし、土地にも随分なじんだよ。
だけど当たり前だけど、そういう頃があったからこそ、今の強さがあるのだな、と。
それからそれから、大阪以前の自分も当然無駄なんかではなくて、
つながっていられる人とはつながっていられることがよく分かったし、
私は、なんだかんだ言ってシアワセモノに違いないや。

傷を舐めてもらうことで見えてくることも、絶対あるんだって。
良い幼稚園に出会えたことも感謝します。
とにかく「個」を大切にしてくれて。
栞一の通うプレクラスも、幼児10人弱に対して先生が4、5人ついてくれて、
じっくりしっかり二歳児と向き合ってくれるところが、とっても良いです。
[PR]
by wg2mizu | 2009-07-16 17:55

恵比寿顔。

d0064815_1710394.jpg
久々に恭一、床屋さんで散髪しました。夏だからね。
恭一が笑うと何かに似てる……と思っていたけど、
よくある七福神の恵比寿様に似てることに気付いた!目が!

ところで、恭一と栞一の体重差がどんどん狭まってきています。
恭一は背ばかりヒョロヒョロ伸びて、体重が増えない。
彼は赤ちゃん時代、かなり大きい、どすこい系の赤ちゃんで、
生後半年で10キロは軽く超えていたのですが、
その後、四年以上経ちますが、未だに15キロ台です。
対する栞一は、赤ちゃん時代はそんなにムチムチじゃなかったのに、
めきめきムッチリガッチリしてきて、既に13キロ台に突入。
腕も脚も、恭一より栞一の方が太いのです。

子供の成長は不思議なり。
[PR]
by wg2mizu | 2009-07-05 17:17