Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2009年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

オバマさんも左利き。

私は左利きです。
書く、食べる、切る、投げる、縫う……日常動作、オール左利き。筋金入りの左利きです。
左、左、左って連発すると、なんだかオダヤカでない雰囲気ですが、自身の思想・主義には特筆すべきことはなく、いたって穏やか、ていうか腑抜けです。
左利きっていうのは、何で決まるんだろう??
私の両親は普通に右利きだったし、私の子供たちも今見ている感じでは普通に右利きっぽい。
なぜかなあ?
自分が左利きのくせに、左手で字を書いている人を見るとなんだか変な感じで、すぐに気付くし、書きづらくないのかなー、とか思ってしまう。
オバマ大統領も左利きですね。いつも気になります。


さて、私は珍しくゴキゲンです。
先日、素敵な女友達と京都でデートしてきました。
京都はフラフラするのに規模もちょうどいいし、面白げなお店はいくらでもあるし、
隣に楽しい友達がいたらもう、言うことなしの至福の時。
そんなにしょっちゅうフラフラ出歩けない身分ということもあるし、
三十過ぎという自分たちの若すぎない年頃がまた、なんだか心地良く感じます。
夫氏はチビたちのお世話、ご苦労様でございました。
ふふふ。
[PR]
by wg2mizu | 2009-02-28 16:59

美味礼賛

d0064815_12332910.jpg
夫のふるさと、愛媛からピカピカに輝くみかんがダンボール二箱!送られてきました。
恭一も栞一もみかんが大好物!栞一などは、箱を開封したとたんに一個とりだして、剥き始めてるよ……
味がぎゅーっと濃くて、大阪のスーパーで買うみかんとは一味も二味も違っているのです。
ほんとに美味しいよー。

それから私の兄の奥さんのご実家の茨城から、ホシイモもいただきました。
これがまた……、ホシイモの常識(?)を覆す美味さ!まるでホシイモじゃないみたい、お菓子みたいな美味さ!
もともとホシイモは私の好物ですが、いやいやこれも、ほんとに美味しいよー。


私自身の近しい親戚というのは東京と横浜にしかいなくって、小学生時代の夏休みなどに友達が「田舎に帰る」と言っているのを、ほんとーに羨ましく、憧れながら聞いていたものです。
結婚して自分が大阪に住むとは想像もしていなかったし、なんだか親戚縁者が日本中にわーっと増えてきて、
何がシアワセって、その土地その土地の本当に美味しいものがいただけることじゃ、ないでしょうか。
その土地独特の美味しいものって、いくらでもあるんだろうなー。
北海道あたりに親戚も欲しいわねー……なんちゃって。
[PR]
by wg2mizu | 2009-02-24 12:43

寒のもどり

いったん、暖かくなった気候が、逆戻りすると、身体に堪えるなあ。
昨日から、再び真冬の寒さになりました。今朝方は雪もちらついて、窓を開けると隣家の屋根もうっすら白かった。
ブルブル。
前回の記事から間が空いてしまいましたが、変わりない日常が過ぎていっています。
こどもたちが急に人間らしくなってきて、うるささは相変わらず、忙しさも相変わらずだけど、今の日常はかけがえのないもので、大切にしていきたいと、日々感じます。
d0064815_1323668.jpg
恭一は、じいじにプレゼントしてもらった「ひらがなスタンプ」がお気に入りで、気が向くとお友達に手紙を書いたりしています。ほとんど意味を成していない手紙。「〇〇くん くるま ばいく とらっく ひこうき くも きょういち」みたいな感じ。それでものりものシールと組み合わせたりして、意外とかわいらしい出来上がりになっていたり。
なによりも、「お友達」という存在が彼の中で大きくなってきているのが、なんか嬉しい。
幼稚園にお迎えに行くと、ほっぺたを赤く染めた懐こいこどもたちが「わー!きょーちゃんのおかーさーん!」と叫びながら、私に群がってきてくれたりします。
私は子供が二人いるくせに子供の扱いが下手くそで、そんなときぱっと子供が喜ぶような対応ができず、「あら。〇〇ちゃん、こんにちは。」などと生真面目に応じてしまって、つまんねー大人だなー、と我ながら思います。
[PR]
by wg2mizu | 2009-02-17 13:28

断ち切りたい。

d0064815_121617.jpg
近所のA寺にて厄除け祈願。
こないだの日曜日に大護摩供という行事がお寺であって、そのときに祈祷をお願いしていたのです。日曜日にも張り切って行ったのですが、読経やらなにやらなかなか祈祷が進まず、そのうちに冷たい雨が降り出して、チビ二人がブヒブヒ騒ぎ出したので、仕方なく退散。
後日、祈祷の済んだ「御幣」なるものを受け取りに行くことにしていました。
厳かな神事も、男児二人のやかましさには敵わず……

で、今朝は良い天気だったので、栞一と二人でA寺までてくてくお散歩して御幣を受け取ってきました。「厄」を断ち切れ!!


栞一氏は二歳になって、しっかり二歳児らしくウルサくなってきました。
世代交代というか、母に叱られる回数も、兄より弟の方が多くなってきたような。
兄もしょっちゅう叱られてますけどね。

叱られるようなワルいイタズラをする。(母に叱られるのを待っている風情あり)
                  ↓
                母が叱る。
                  ↓
             イタズラを止めない。
                  ↓
           更にきつく母が叱る。怒る。
                  ↓
      ウエーンと泣いて、ようやくイタズラを止める。
                  ↓
「ママ、ママ。ゴメンネ。イイヨって言って。イイヨって言って。」と泣きながら擦り寄ってくる。
                  ↓
「うん。いいよ。いいよ。ママも怒ってごめんね。」と母が言う。
                  ↓
             満足気に微笑む。

という一連の流れが、まるで一種のプレイのようだ。お仕置きプレイ?こどもたちはこの流れを楽しんでいるかのようだしサ。
叱るのってエネルギーを使って疲れるし、叱られると分かっているなら始めからやんなきゃいいのになー。
めんどくさいなー。もう。
[PR]
by wg2mizu | 2009-02-05 12:35