Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2008年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ばらばら

水曜日、外せない用事ができて、栞一を初めて託児所の一時保育に預けました。
朝、夫を送り出した後、恭一を幼稚園バスに乗せて、車で栞一を託児所へ。バタバタと忙しい朝でした。
で、栞一を預けたあと、私ひとりで車に乗っていると、なんだか後部座席が静かすぎて、なんの気配もなくって、(誰も乗ってないんだから当たり前なんだけど)、
そこで気が付いた。家族四人がそれぞれにばらばらの場所で過ごす時間は、初めてだゾ、と。
うるさいと言えばうるさいことこの上ないチビたちなんだけど、そのうるさい気配が日常的になりすぎているので、なんだか不安になりました。
あっちこっち心配というか。

栞一は託児所などに預けるのが初めてだったので、「泣いてるだろうな…」と心配しながら迎えに行くと、ケロリとした様子でミニカーで遊んでいました。次男は強し。
感傷に浸ってる暇はないぞ!自分。
[PR]
by wg2mizu | 2008-11-28 13:43

ぶるぶる

d0064815_16381486.jpg
急に真冬になってしまいました。さ、さむい……
私の力作?コートを着て、恭一は登園です。だいぶ大きめです。年長まで着るからいいんだい。
ここしばらく元気が続いています。寒くなってくると、いつ風邪をひくのかビクビクするなー。
胃腸系の風邪はできることならパスしたいなー。あれは本当に辛そうだし、お世話(掃除洗濯)が大変だし、ほぼ100パーセント私にもうつるからな…
インフルエンザも予防接種は受けたけれど、効くかどうかわからないしな…
みんな元気でいてちょうだい。
[PR]
by wg2mizu | 2008-11-19 16:42

ママの贅沢な休日

d0064815_11295265.jpg日曜日のお昼から夕方に、家族から自由時間をいただいて、女友達とデートをしてきました。
四条近くの「柴洋」にて、ランチをして、そのままちくちく手縫いのウールマフラーを作るワークショップに参加!
針と糸で手を動かしながら、ポツポツとおしゃべりするのは、シャイ同士にはたまらないねー。
ランチも美味しくて、写真も撮ったんだけれど、全然美味しそうに撮れていなかったので(むしろ美味しくなさそうに写ってしまったので)載せません…

d0064815_11314299.jpgできたマフラーはこれ。私でも難なく作れました。
サイズが小さめなので、恭一にも使えそうです。レースがあしらってありますが……
その後、素敵な毛糸のお店、AVRILに案内してもらって女子力を上げてきました。次はAVRILのワークショップだ!



あのね、私、子供を産んでから、自分の私用で家を空けたことって、ほんとに美容院のときの数時間以来、一度もなかったんですよ。友達の結婚式も何度もキャンセルしたし、泣く泣く断った約束も多々あって、実際疎遠になってしまったお友達もいるし、それが母親の勤めとはいえ、随分悲しかったこともありました。
たまにはこんな一日があってもいいじゃないか。と正直思います。楽しかった。こんな時間を与えてくれた夫と、いいトコに連れて行ってくれた友達に感謝感謝。
日が暮れてから、友達と肩を並べて歩く感じが久々すぎて、感慨深かったです。

家に帰り着くと、チビたちが、
「ママ!ママ!」と寄ってきて、まとわりついてきて、
家に帰るとこんなに喜んでくれるヒトがいる私はシアワセだと思いました。
[PR]
by wg2mizu | 2008-11-17 11:38

彼女たちの横顔

いつも「○○ちゃんのママ」という顔がメインの彼女たち、
つきあいが濃くなってくると、彼女たち本人(個人)の横顔がチラリと見えるときがあります。
私はそういう瞬間がすごく好きなのです。
彼女たちは最初っから「○○ちゃんのママ」だったわけじゃなくて、(当たり前)
「○○ちゃんのママ」という顔を持ったのはここ数年のことで、(当たり前)
それ以前には彼女たち本人(個人)の歴史というか人生があったのであり、(全部当たり前)
それらの当たり前のことがなぜか忘れられがちなのが「ママ」という職業です。
チラリと見える彼女たち本人(個人)の横顔は、けっして褒められる傾向があるものばかりではなく、
むしろ、ちょっと「ダメっぽい」ところ、「ユルい」ところであることが多い。
私は、そういう彼女たちが好きです。
そういう彼女たちの優しさと厳しさが両方感じられる「母親の顔」に感服します。
私もあんな「母親の顔」ができているのだろうか。できるようになりたい。
そして私本人の横顔も消えてしまわないように努めたい、と思います。

d0064815_12504420.jpg

さて、昨日は幼稚園横にある教会で、七五三の祝福式がありました。母親も参列。
七五三の年齢にこだわらず、全園児の成長を願い、祝う式です。
七五三と教会、って「へ~」な取り合わせだったのですが(私にとって)、
ちゃんと賛美歌もあるんですね……
厳粛なムードの中、こどもたちは一人一人、首にマリア様のメダイをかけてもらっていました。
[PR]
by wg2mizu | 2008-11-13 12:55

トロッコ列車の車窓から

d0064815_15241056.jpg
一度乗ってみたかった嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車に紅葉の時期を狙って、乗ってきました。
あと二週間遅ければ、紅葉も最高に見頃だったかな、という感じでしたが、これ以上寒いときに吹きさらしの列車に乗るのもしんどいか…とも思うので、ちょうど良い時期でした。
d0064815_15261458.jpg
栞一もすっかりチビ鉄です。窓にかじりついています。向こうを流れているのが保津川。
d0064815_15274947.jpg
渓流下りの船が、列車の窓から見えます。トロッコ列車も船も嵐山まで行きます。
d0064815_15295948.jpg
きかん坊二人を連れての外出は相変わらずバタバタで大変だけど、今回は私の母も横浜から遊びに来てくれていたので、みんなで一緒に行けました。
なかなかに風流なにっぽんの晩秋を堪能できました。
[PR]
by wg2mizu | 2008-11-09 15:31

Festival

d0064815_13555310.jpg
幼稚園のフェスタに行ってきました。フランクフルトやおうどんなどの出店が出たり、ゲームコーナーがあったり、こどものお買い物コーナーがあったり、ハンドメイド作品やリサイクル品の売り場があったりで、大賑わい。ああいうバザーの賑わいって久しぶりでなんだか懐かしくて、とても楽しかった。
私の戦利品はこれ↑↑です。幼稚園の制服を着たキューピーちゃん。もちろん、ママさんたちの手作り!かわいー。
d0064815_13593226.jpg
この日のためにママさんたちは春からしょっちゅう幼稚園に通ってコツコツと準備を重ねてきました。役員さんたちは本当に大変そうだけど、そういう集まりでいろんなママさんと少しずつ距離が縮まっていく感じが嬉しかったです。
なにしろ、こどもたちの楽しそうな顔!恭一のことでは色々心配が絶えないんだけれど、たくさんのお友達に「きょーちゃん!」と呼びかけてもらったり、自分からお友達に話しかけたりする姿を見て、プチ感動でした。
それにしても、幼稚園の行事らしい行事は、全て晴天に恵まれています。ラッキーだなー。
[PR]
by wg2mizu | 2008-11-01 22:02