Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

三連休。

d0064815_113946.jpg
週末は、珍しく暦どおりに夫が三連休だったので、にっぽんの晩秋を満喫しました。
金曜日は京都のはずれのちいさいお寺に行ってピクニック。
お弁当を食べ、住職さんがくれた食パンを池の鯉にやって、恭一も大喜び。

土曜日は、月一恒例になりつつある、アレルギー外来。
恭一はついに「喘息」の診断が。夜寝付くときに、コンコンと咳をしていて苦しそう。吸入器の購入も勧められてしまいました。
栞一は、大豆アレルギーなので、豆腐・納豆禁止令。食事が困るなあ…

日曜日は神戸まで行って、港にとまっている帆船を見てきました。
すごい人手で、お昼ご飯もままならず、ちょっと後悔。
でも、11月とは思えない暖かさの海辺はとても気持ちが良かったです。
[PR]
by wg2mizu | 2007-11-26 11:48

冬到来で、やさぐれる。

d0064815_1423911.jpg恭一は、「食」で苦労したけど(今も苦労してるけど)、栞一はいつもいつもスゲー喰う気マンマンです。残念ながら食物アレルギーが多種あって、なんでもかんでも食べさせられるわけじゃないのですが、恭一が食べないようなものにも喰いついてきます。「マンマンマ、マンマンマ」を連発し、マンガみたいなヨダレを垂らす…「それ、くれ。おれにも、くれ。」って感じで口を動かす。笑えます。

こないだまで暖かかったのに、急に冷え込んできました。寒いのはキライじゃないけど、どうも最近、気分体調ともに優れません。
なんか、「メンドクセー」って気分。なんでだろ?
前にも書いたけども、やっぱちょっと自分を演じすぎなんだろか。「良いおかあさん風」気取りすぎなんだろか。
でも、世の中には、いつも優しい笑顔を絶やさず、子供にもオシャレさせて、自分もキレイな格好して、おうちは爽やかに片づけられ、手作りのお菓子を何気なく出してくれるような、「おかあさん」ってほんとにいっぱいいるんだよな。
なに、アレ?
すごいなー、尊敬しちゃうなー、と素直に思いつつも、
黒いミズホがひょっこり出てきて、「できすぎじゃね?」とか心のうちで囁いているのも事実です。どっか破綻している所を探し出して、「そうでしょうとも」と納得したい。そんな爽やかに満点ママされたら困るのよ、私の能力不足が浮き彫りに。。。
「ママ道」も奥が深いよにゃー。
あー、疲れた。
[PR]
by wg2mizu | 2007-11-19 14:16

親友というコトバ

「親友」ってコトバが簡単に使えません。
だいたい、友達が多くないし、「親友」とか呼んでその気持ちが一方通行だったら悲しいというか恥ずかしいし、かといって「私たち親友だよね」とわざわざ確認するようなものでもないし。
それでも私の中にはひそかに「親友」と思っている人が、少し、ほんとに少しだけはいるのだけど、残念ながら、みんな遠くにいるのです。

そうすると、モヤモヤした悩みや、身体にまつわるあれこれなど、
全て、うん、全てと言って良いと思う、私は今自分の一番近くにいる夫に話すことになるのです。
夫が親友、って。
どうよ。
いや、それはそれでいいっちゃいいんですけれど。

ちょっと夫に寄りかかりすぎな気がするのです。
と、いうのも、ここ最近、夫が体調を崩し、機嫌も冴えず、仕事も忙しいらしく、なんだか死神みたいなオーラを発していて、
私が元気に振舞って、夫も元気に導きたいところなんだけど、
なんだか余裕が無くて、それどころか、「私に元気をくれ、もっと元気にしてくれ、暗い顔しないでくれ」とか思ってしまうのです。
普段、どんだけ元気をもらっているかが、つくづくと分かってしまうのです。

広い心を持った大きな人です。
いつも笑っていてほしいです。
[PR]
by wg2mizu | 2007-11-15 22:13

はじめの一歩

d0064815_180128.jpg
栞一、初めて歩きました。
ほんとのほんとのはじめの一歩は見逃してしまった。
恭一が、「ママー、かんちゃん、自分で歩いてるヨー」と教えてくれて、見に行ったら、トトッと二歩くらい歩いて、得意気に笑っていました。
[PR]
by wg2mizu | 2007-11-11 18:01

秋の気配、濃く。

d0064815_2121295.jpg11月とは思えないようなあったかい陽気が続いていますが、少しずつ季節は進んでいます。

横浜から私の母と祖母が遊びにきました。四世代の人間がそろったわけで。
なんか不思議な気がします。

あまり時間が無かったのだけど、大山崎山荘にみんなで行きました。
恭一は相変わらずメンドクサイことをぐずぐず言うので、連れて歩くのに一苦労。ゼロ歳児の栞一の方がよっぽどラクチンです。

d0064815_21252473.jpg去年は栞一がお腹の中にいる頃、私と夫と恭一と三人で行った同じ場所に、
今年は、私、夫、恭一、栞一、母、祖母、の六人で行けたわけです。

それぞれの世代の人間が、それぞれに元気に集えるというのは、本当に、奇跡的に、スバラシイことなんだろうな、と、思います。

身体が元気じゃないと、なんにも始まりませんね。
[PR]
by wg2mizu | 2007-11-10 21:29

My Little Boys

d0064815_16292429.jpg
週末は、子供が二人とも風邪気味で、家にこもりきり。
夫は仕事が忙しく、不在不在不在……。

体調の悪い子供はいつも以上に、ペトペトとまとわりついてきます。
恭一は、言葉を使って、「ママ、ダッコダッコダァッコォ」。
栞一は、泣きながらも、覚えたての「ぱちぱち拍手」や「ハイ、ドーゾ」などの芸を盛んに披露して、私の気を引こうとする。
手かせ足かせ状態で、まともに歩行できないくらい、まとわりついてきます。

ちょっと!私ったら、モテモテ!
二人(プラス三十男一名)の男子に、こんなにも必要とされるなんて。
人生最高のモテ期、間違いなし。
前向きに乗り切りましょう。
[PR]
by wg2mizu | 2007-11-05 16:36