Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

たわむれに。

d0064815_12125413.jpg
栞一の前髪がのびてきたので、たわむれにキテーちゃんのピンなどをしてみております。
知り合いに会ったら、「きょうちゃんのイモウト、おっきくなったねー」と言われました。
[PR]
by wg2mizu | 2007-10-29 12:14

とっちらかって

d0064815_2164961.jpg
坊主どもが腕白だ。
腕白な坊主どもが二匹いる。

細々とした、ぶつかり合うとカチャカチャ耳障りな音を立てる、プラスチック製のオモチャが散乱した部屋で。
栞一が「アイヤイヤー」と叫びながら障子紙をバリバリと破り、その欠片をモグモグ食べ。
恭一がブルートレイン出雲やドクターイエローになりきって「ダダンドドンダダンドドン!シャー!!」と奇声を発し。
栞一が椅子を歩行器がわりにしながら(椅子の脚が床にこすれるギィギィという音が響きわたる)、ガラス戸に行き着き、力の限りに両手のひらでガラスを叩き。
恭一が「どんぐりがえしー」と叫びながらでんぐり返しをして、失敗して、「おクビが!おクビが痛いー!」と泣き。
栞一がハイハイでにじり寄ってきて、私の鼻の穴や口に指を突っ込み、私の顔を引っ掻き回して、ニヤリと笑い。
恭一が泣きながら、「おクビが!おクビがまだ痛いから!ヤクルト飲むってばー!」とまとわりついてきて。

私はほとんど呆然と、事のなりゆきを見守るしかない。
いたずらしちゃダメよー、と笑う広い心は私には、ない。

昨日は、久々に美容院に行き、6、7年ぶりにパーマをかけた。
パーマヘアーに慣れていなくて、ついつい毛先まできっちり梳かしたくなってしまって、
もう既に、のびのびパーマ。
家も、心も、身体も、髪の毛も、とっちらかってしまって、
そう、もうほとんど呆然。
[PR]
by wg2mizu | 2007-10-22 21:28

運動会

d0064815_1605518.jpg
今日はいちごぐみの運動会。暑いくらいの秋晴れに恵まれました。
玉入れ、つなひき、かけっこ、おゆうぎ、表彰式まであるなかなか本格的な運動会でした。
恭一はかけっこ一番でしたよ。

幼稚園の運動会で、我が子にスポットライトが当たっているように見える、というママさんの気持ちがちょっと分かった。親馬鹿と知りつつも、我が子を追うのに夢中になるのね、みーんな。
世知辛い世の中ですもの。親くらい、馬鹿みたいに我が子を可愛がってちょうど良いじゃないのよ、と思います。

恭一はお昼寝をすることが減って、夜は八時前にコテンと寝ることが増えてきました。
私と、恭一と、それに栞一がいる三人の生活にようやく慣れてきました。(遅いけど)
恭一もお兄ちゃんらしい素振りを見せることも出てきました。
[PR]
by wg2mizu | 2007-10-18 16:09

念願の。

d0064815_2035095.jpg
同性の兄弟だったら、やりたいなって思ってたんです。おそろいの服。うふふ。
ついにできたよ。
栞一が産まれたときにお祝いに友達からいただいたシャツ。
小さな夢が一個叶いました。
[PR]
by wg2mizu | 2007-10-17 20:07

こんな時間に。

八時前に、二人の子供が寝ました。
夫は今日も遅いでしょう。
なんと!贅沢なひとりの時間よ。
なにしよ。
なあんて、なんにもしないけどね。本読もうっと。
最近、古川日出男氏の「ハル、ハル、ハル」を読みました。
面白かったんだけど、いかんせん、「温度」が。今の私と違いすぎて。
まあ、違う「温度」を体感するために本を読む、ともいいますが。

恭一の来春からの幼稚園がようやく決まりました。
考えに考えて、具体的にどう考えたかは省きますが、
モンテッソーリ教育の幼稚園にしました。
がんばれ!幼稚園児!

秋です。
なんとなしさびしい季節です。
携帯電話の「メールあり」のピカピカや、
ともだちからのお手紙や、
ブログへのコメントや、
とにかく誰かの気持ちの矛先が自分に向いている、っていうことがやけに嬉しく感じられます。
昔の写真を見ていて、ここに写っている人の多くに、もう一生二度と会わないのかもな、
とか思っちゃったときに、随分むなしいような気分になって、
そんな人々のことをじっくり思い出してみたりしました。
[PR]
by wg2mizu | 2007-10-12 20:40

本日ハ休日ナリ。

d0064815_14284094.jpg
京都に恭一たちのひいおじいさんひいおばあさんが眠っているお寺があるので、お参りに行って来ました。お彼岸に行きそびれてしまっていたし。
秋の行楽日和。三連休の中日。清水寺のほど近く。という条件が揃っていましたので、ナンジャコラというほど人と車の多いこと多いこと。
十月だというのに30度近くまで気温は上がり、強い日差しが照りつけていました。
チビ二人いるし、どこも込んでいるから、お参りした後、ホカ弁を買ってどこぞで食べようとオベントを仕入れたものの、その「どこぞ」がなかなか見つからない。ウロウロトロトロ街を歩き回り、恭一も暑いような空腹のような眠いようなで、真っ赤な顔をしながら、でも必死に、「おべんと食びたい」と呟きながらフラフラついてきます。


d0064815_14354757.jpgようやく落ち着いた場所は、京都国立博物館の庭園。外の喧騒がウソのような静けさ。広々したお庭にある噴水の前でゆっくりオベント食べられました。狩野永徳展をやっていましたが、チビたちグダグダだったので断念。お庭を散策するに留めました。初めて行った場所ですが、すごい良いとこでした。また改めて来たいな。



d0064815_14385984.jpg食後にまた少しあたりをお散歩して、甘春堂本舗というお店で和菓子を買いました。(否、バアバに買ってもらいました。)
それから、帰りにホームセンターコーナンに寄って家に戻りました。
ぐったり、疲労感。
全体として、大変良い休日でありました。
[PR]
by wg2mizu | 2007-10-07 22:28

にぃにぃ、待って!

d0064815_13532290.jpg
栞一、自分でエイっと立ち上がり、伝い歩きが出来るようになり、動く範囲も広がってきました。
お兄ちゃんの後を必死に追いかけていきます。たいてい、いやがられて、つきとばされたりして、泣くはめになるんだけど。諦めずにがんばってます。
恭一は申年うまれ、栞一は戌年うまれなので、文字通り「犬猿」の仲にならないように祈ってるよ。

横浜からジジとババが遊びに来てくれていて、ただいま、恭一を連れて、バスと電車でプチ遠足中。なんだか妙に間延びした時間が過ぎていってます。
[PR]
by wg2mizu | 2007-10-03 13:59