Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2007年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

夏祭り

d0064815_15105115.jpg
例えば、海。
例えば、遊園地。
そして例えば、夏祭り。

子供が喜びそうな場所の代名詞。
きょーいちは、全部、きらい。
いや、きらい、というんじゃないんだろうな。きっと、楽しみ方がよくわからないんだろうな。
私は、そのきょーいちの気持ちがよくわかるよ。
お腹に響くような喧騒や、必要以上の嬌声や、知らない人と素肌がぶつかるくらいの人口密度の高さに、飲み込まれるみたいな気がして、足がすくんじゃうのよね。

お祭り体質じゃない一家です。
近所で催されていた夏祭りに一家で参戦して、
その予想以上の賑やかさに、みんなで気圧されて帰ってきました。
辛うじて、ヨーヨーを一つ釣って、ポップコーンを買って。

でもね、そう、きらいなわけじゃないんです。なんか、賑やかさから取り残されてしまうんです。
ネクラだから?
きょーいちもそんな血を引き継いでいるみたい。
胸を張ってマイノリティーを突き進めば、道は拓け、キミの生き易い場所がそのうち見つかるよ、と言ってあげたい。
無理してお祭騒ぎをしなくても、たのしいことはたくさんあるはず。

きょーいちは寝る前に黄色いヨーヨーを見つめながら、
「おまつり、たのしかったねー」と呟いていました。
[PR]
by wg2mizu | 2007-08-28 15:16

持って寝たいの。

d0064815_21571877.jpg
きょーいちは毎晩必ず、手のひらサイズの乗り物オモチャを一つ持って寝ます。
「持って、寝たいの。」と言います。
寝る頃になったら、私からも「今日は何持って寝るんだい?」と聞きます。
きょーいちにとっては、とても重要な習慣です。

しかし、きょーいちは手のひらサイズのガラクタのような乗り物オモチャを、すげーたくさん持っているのです。
「あれが、持ちたい。」というオモチャが、ソファの下だか箪笥の裏だか知らんけど、見当たらないときが多々あります。きょーいちが自分でどっかに連れて行って、どこに連れて行ったか忘れちゃうんです。
そんなとき、「あれじゃなくてもいーじゃん。これでいーじゃん。」などと言って、不満そうな様子のきょーいちに適当に別のオモチャをあてがって眠らせると、痛い目を見ます。

夜中にムクリと起き上がり、起き上がった瞬間にはもう泣き出していて、
「きょーちゃん、ANAボーイング737が持ちたかったのに!」
とかなんとか、しつこくしつこくしつこくしつこく、そりゃーもーしつこく、泣き叫びます。

我が身の安眠のために、きょーいちのお望みのオモチャを今晩も探し回るのです。
[PR]
by wg2mizu | 2007-08-22 22:08

マダムミヅホ

d0064815_13433035.jpg
昨日、30歳になりました。
よいお歳。脂ののったよいお歳。マダムと呼ばれても良いお年頃。

なのに、どうだ。
実際の、私ときたら、どうだ。

このままじゃオバチャンオカンまっしぐらじゃないか。

自分なりに頑張ろうと思います。
「自然体」という言葉で許されるほど、甘いお年頃じゃなくなってきました。
自分を造り、演出し、キレイになろうとする努力も重要だと思います。

でも、30代っていいですね。
なんかバンバン走れそうな気がします。
アクセル全開で。
風をきって。

猛スピードで母は。
パクッてみました。長嶋有氏のタイトルづけのセンスが好きです。
(小説の内容も、結構、好きです。)
[PR]
by wg2mizu | 2007-08-16 13:51

ぼくのなつやすみ

d0064815_1373355.jpg
体調に不安を抱えつつも、夫の実家、松山へ飛行機でビューン。帰省してきました。
暑かった、暑かった、みんな汗だくだくでした。
d0064815_1382016.jpg
美味しいごはんをたくさんいただいて、奥道後温泉に行って、従兄弟のおにいちゃんと一緒に山頂に向かうロープウェイに乗りました。恭一大興奮。それから、冷泉のプールへ。
路面電車にも乗れて大満足。
d0064815_1310619.jpg
はい、ぼくも元気に行って来ました。栞一は産まれてから初めて、松山へ行きました。少し、人見知りをしだして、ママダッコママダッコで大変だったけど、飛行機ではぐずらずお利口さんでした。
[PR]
by wg2mizu | 2007-08-15 13:13

母性とか。

「母性愛」とか「母性本能」とかってもともといまいち理解してなかったけど、自分が母親になって、なおのこと嘘っぽく思えてきました。

私、母親適正テスト、とかが、もしあったら、絶対、「不適正」という結果が出ると思う…
我が子はかわいい、そりゃあもうかわいいんだけど、同時にやっぱり自分自身もかわいいし。
子供に全てを捧げます!というよな献身的、盲目的なところまで、どうにもたどり着けない。
「っていうか、ママ、疲れてるんですけど」
「もっともっと、自分の時間が欲しいんですよ」
とかすぐ思います。
ダメねえ。。。

だけど、彼らはあまりにちっさくて、知らないことがいっぱいありすぎて、
彼らにとって世界はとてつもなく広くて、怖くて不安なことがいっぱいなのは間違いない。
包んで、守って、導いてあげる存在が、絶対的に必要なのです。
ああ、これはもう、私ひとりの手には負えない。

って、これ子供二人も産んでる女が、今更言うことじゃありませんなぁ。
実際、たくさんの人たちから援助を受けています。
精神的にも、肉体的にも、物理的にも、経済的にも、
母親ひとりじゃ、子供は育てられません。

体調崩して、気も弱っているダメ母のたわごとです。
[PR]
by wg2mizu | 2007-08-11 22:54

テヌグイブラザーズ

d0064815_16171381.jpg熱が下がって、ゆっくり回復に向かっているような私の体調ですが、今度はお腹がコワれてます。シクシクと痛いよ。
夏真っ盛りですが、ひきこもってます。
去年、恭一に作った「かまわぬ」のてぬぐいズボン。
なぜだか(デブちゃんなのか?)既に栞一にぴったり。
ここ一年はタテに伸びて、オムツもなくなったぶん小尻になった恭一は、ハーフパンツとして今年もイケそうです。
Tシャツとかも二人兼用だったりします。
0歳児と二歳児で同じサイズの服着てます。
あ、でも恭一はもうすぐ三歳児になるのか…。「三歳児」っていうともうアレだな、響きがカワイクないな、男子だしな。ま、いいけどサ。
[PR]
by wg2mizu | 2007-08-07 16:25

休息

私、久々に8度5分を超える熱を出しました。
さすがにフラフラで、アカンボがやけに重くて抱っこができない…
最近、耳鳴りや目眩がしていて、身体がだるかったけど、発熱の予兆だったのかしらん。

しかし。
母は寝てもいられないのです。
元気でいることがなにより大事です。

私の熱が下がってきたところで、
今度はかんちゃんがホカホカあっつくなってきた…
ドミノ、スタートかな。
[PR]
by wg2mizu | 2007-08-04 10:25

水遊び

d0064815_17502021.jpg

暑くて暑くて困っちゃうので、お友達と一緒に我が家でプール大会。
栞一は初水着、プールデビューです。
真ん中に陣取って、ばしゃばしゃ張り切っていました。どすこい。
[PR]
by wg2mizu | 2007-08-01 17:52