Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2007年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

家族ドミノ

d0064815_1794365.jpg
風邪の家族ドミノです。やられています。たかが風邪ですが、チビ二人と自分までやられると、なんだか絶望的な気分にさえなります。みんな早く元気になろうや。

子供らと一緒に昼寝をしつつ、柴崎友香氏の『その街の今は』を読みました。久しぶりに自分好みの小説に会えました。丸二年と少しだけだけど、自分が住んでいた大阪の街(主に心斎橋周辺だけど)のことがたくさん出てくるし、会話が生の大阪弁ぽくて。他にもいろいろ。すごい好きな感じでした。ウレシ。
本屋さんからも足が遠のいているし、「この本、面白かったよー」的な会話からも遠ざかっているので、好みの小説にであえることが減っています。さびしいことです。現在は、恭一の絵本を借りるのと同じノリで、図書館で手当たり次第ジャンル選ばず本を借りての乱読の時期なのです。。。
[PR]
by wg2mizu | 2007-03-29 17:22

外食クリア

栞一が生まれてから初めて、家族四人そろって外で食事をしました。(って言ってもデパートのフードコートだけど……)
絶対バタバタしちゃうし小さい子がいると外食が億劫になるけれど、元来家にこもりきりというのをしんどく感じる方なので、ハードルを一つ越えた感じで嬉しいのです。ちっちゃなハードルですが。
やっぱりグチャグチャになって私はロクに食べられなかったけれど。

これから暖かくなるし、かんちゃんもしっかりしてくるし、また少しずつ遠出などにもチャレンジしたいです。京都の街を歩きたいよ!
[PR]
by wg2mizu | 2007-03-23 14:50

ミニミニ幼稚園生

d0064815_13564452.jpg
恭一、来月からプレ幼稚園のような集いに通わせます。
週二回とはいえ、お弁当もありの、なかなかのビッグイベント。そんなに長く離れたこともないので、私の方がどきどきしてます。
アカンボ抱えて、手作りでチクチクする余裕が無いので、私の母に様々なグッズを作ってもらいました。

とある記事で読みましたが、母親には「子に寄り添うタイプ」と「子に背を見せるタイプ」といるそうな。どちらが良いとかじゃなくてね。向き不向きがあるでしょうし。
私自身は幼少の頃、母にべったりで、「夕飯何がいい?」と聞いてもらえて、一緒に買い物に行って、望みどおりのメニューを作ってもらえてシアワセでしたし、
私の夫は、幼い頃から忙しく働く両親の背中を近くでずっと見ていたので、「働く大変さ」みたいのがわかって良かったと言っていましたし、
どっちが良い悪いじゃない。
だけども、24時間私とだけ向き合うより、少しずついろんな人や環境に慣れてほしいな、と思って、通わせてみることにしたのです。
どうなるやら。
[PR]
by wg2mizu | 2007-03-20 14:03

女子の集い

d0064815_15334253.jpgこの週末、昔からのお友達が横浜から子供連れで我が家に泊まりで遊びに来てくれました。
中学時代の仲良しさんで(と言っても、二人とも私には眩しくてならない生粋の?「教室のカワイコちゃん」だったのですが)、私の一番古くからの友達。
あー、なんて楽しかったんでしょう。あっという間に「女子」に戻ってしまいました。
楽しすぎてロクな写真が撮れていない、もったいない。
「あの頃」はホントウに楽しかったし、そんな楽しかった頃を共に過ごした人と今もつながっているシアワセを味わいました。
またね、アミーゴ。
[PR]
by wg2mizu | 2007-03-12 15:36

続けているモノ

d0064815_7343379.jpg栞一出産後から、ずっと飲み続けているメディカルハーブティーです。その名も「授乳ブレンド」。恭一の時より産後のおっぱいの張りが弱くて、母乳育児に不安を覚えていたときに、友人に薦めてもらったモノで、かなーり愛飲してます。手放せません。よく出るし、かといってオッパイ詰まらないし、母子ともに便通にも効くし。
それなりのお値段なんだけど、スムーズな母乳育児には代えられません。
にしても、昨今は広い意味での様々な育児便利グッズが溢れています。そういう流れをキャッチしてそれに乗っていく、というのは私の最も苦手分野。

それに加えて巷では「教育ブーム」らしいですね。メディアやステキママと関わっていく中で必ず耳に入ってくる、「マクロビ」とか「食育」とか「ロハス」とか「シュタイナー」とか「天然素材」とかいった言葉たち。その雰囲気っていうか空気感はわかる。スバラシイと思う。
でも正直、私にはそういうスタイルを突き詰めるのは無理。そういうスタイルを保つことにストレスを感じるようでは本末転倒っていうか、それは違う、と思うわけで、私の性格性質には無理ちゃうかな、と。
そういうスタイルの中の、これは、というものだけ拾い上げて、あとは自然体。うん、自然体でいきたいのよ、私は。
[PR]
by wg2mizu | 2007-03-07 07:50

我が子の顔色をうかがう。

d0064815_2231540.jpg
母は最近、恭一に嫌われている。家のことや赤ちゃんのことに追われて、恭一のことは後回し後回し。
すぐにメンドクサイことを言い出す二歳児の要求には充分にこたえられず、対応も誤魔化し気味っていうか、キツいっていうか、雑っていうか。
子供はそんなことには大変敏感なんですよね。わかっちゃいるけど、絵本を数冊じっくり読んであげる、その心の余裕が母にはなかなかないのよ。
キミへの対応が雑なのは、色々と忙しいからであって、母もホントはもっと構ってあげたいのよ、という気持ちをこめて、御機嫌うかがい的に、
「きょーちゃん、何してるの?ママと一緒に本読むかい?」と、いささか媚を含んだ呼びかけをすれば、
「おとーさんとがいいの!」とぴしゃりと言われる。

育児において「見返り」を期待してはいけないけど、
にしたって、頑張った分、せめて子供に好かれたい。。
母は損な役回りだと思う。。。
[PR]
by wg2mizu | 2007-03-04 22:18