Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

蜜月

d0064815_14421497.jpg女性はやっぱり、「娘」を欲しがるようです。「女の子が欲しい」という話は大変よく聞く。男児を連れ歩き、お腹の中の子も「男の子なんです」と言うと、「あらー」「あちゃー」「そうかー」とどこか同情的な態度を示されることが多い。
いや、私も「娘」も欲しかったけど。でも授かりものですし、なにより「息子」って相当カワイイよ?と言いたい!
「ママ。ぴとー」と言いながら頬擦りしてきたり、カエルの人形やマトリョーシカ人形がそのへんに転がってると、「だいじょうぶ?」と声をかけて起こしてあげたりね、まあ男の子だからってこともないんだけど、正直、カワイイなーと思いますよ。

d0064815_14483555.jpgはい、息子とは目下、大変親密な時期です。下の子が産まれるまではね、できる限りは。
で、恭一が履いているてんとう虫柄のズボン、縫いました。コットンスウェードというの?ネルみたいな素材のあったかズボンです。
ところで、子供を持つ前は、「自分の子にはいわゆるキャラ物は持たせまい」と思ってる人は意外と多いと思うんだけど、実際子供を持ってそれを実行できる人は少ないと思う。私も近頃、アンパンマンやらトーマスやらの魔力を借りてしまっているからね。服や靴にまで進出しないように自分を止めてるところ。
っていうか、恭一氏の前髪、切りすぎた。。。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-28 14:53

虹を見た日

お腹も重くて、どうにも気持ちが盛り上がらない日々が続いていて(気持ちが盛り上がるっていったって、「良い映画を見た」とか「伸びかけの髪がいい感じ」とか「ちょっと痩せた」とか「友達と楽しく話した」とかそういうレベルのこと)、なんとなくツマラナイ。
乙女力を落として、母親力を育む毎日。まー、今はそういう時期なんだから仕方ないけど。残された女心がさびしいと言っています。

でも今日はベビーの検診。もう1800グラムだって。来週から妊娠9ヶ月に入ります。相変わらずお腹の中でモコモコ元気に動き、恭一も超音波の映像を見て、「あ、きょーちゃんのアカチャン(?)、いたねー」と笑っていました。
健康で過ごせることを、ありがたいと思わないとね。

そして、検診の帰りの車からは、空に浮かんだ虹が見えたのでした。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-25 12:58

ダークな私

なんでか、うまく眠れない夜が続いています。眠たがりの私には非常に珍しいこと。
日々にストレスを感じるというよりも、言いようのない「さびしさ」にくるまれている気分なのです。
これからニューベビーを迎えるのにふさわしくない心情なのですが。

で、一昨日のことですが、大阪市内に住んでいた頃にできた友達がこどもと一緒に三組、我が家まで遊びに来てくれて、別に何するでもなく、こどもは家を走り回り、母親たちはお茶を飲みながらゲハゲハ話しただけなのですが、その後、すごく気持ちが軽くなっていることに気付きました。
家族ではない「友達」と過ごす時間の重要さをすごく実感したのです。当たり前なんだけど。
結婚して大阪に来て、すぐこどもができて、また引越しして、また妊娠して。で、ここ数年は常に気持ちが張り詰めているようなところがある。だれかを頼りたい、と思ったときにだれもそこにはいない、自分で解決するしかない、という状況に慣れてしまって、人に頼ることが以前に増して下手になってるみたい。
育児に関しては特にそう。親や夫に預けるのでさえ、無料の託児所に預けているような後ろめたさを感じるようになってしまっている。こどものことは全部自分でやらなくちゃ、と思いすぎている。
そういう自分に問題があるのもわかっているんだけど、こんな私に誰がした、という気持ちもある。

さらにもう一人、赤ちゃんがやってくるのか、と思うと緊張してしまって、不眠不眠。
困ったなあ。眠れぬ秋の夜は長いのです。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-20 12:18

しつこく、秋スウィーツ

d0064815_6273415.jpg今度はさつまいものパウンドケーキ。コロコロに茹でたイモを入れるところ、ホットケーキミックスを使うところ、はmiyukiちゃんの蒸しパンレシピと一緒ですが、もらったばかりのオーブンを使いたがりなので、バターと卵をちょっと多めにして、オーブンで焼きました。ピカピカ光って美味しそうです。


ストレスたまり気味なので、ムシャムシャ食べ過ぎないように、お友達と食べることにします。
ストレスたまっていて、ちょっとしたことで苛々するんだけど、じゃあ、何をどう改善するのか、と言われると自分でもよく分からない。妊婦だから情緒不安定ということで。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-16 06:32

ピクニック

d0064815_9333367.jpg
以前から行ってみたかった京都府立植物園に行ってきました。スゴイ気持ちの良いところ。気候も最高、暑からず寒からず風も無く、で素晴らしかったです。

d0064815_9375949.jpg
恭一もごきげん。小石やら木の実やらを拾いながら終始ニコニコしていました。
恭一が着てるトップスはこないだ作ったやつ。おっきめだけどてれんとしてて着やすそうです。
大阪の端っこのまるきり知らないことばかりの土地に越してきて、ストレスや不安もありますが、京都に気楽に行けるのはすーごい嬉しい。気持ちが「アガる」街に気安く行けるということは、私にとっては重要。お気に入りのお店もぽちぽちできてきて、このごろすっかり大阪市街からは遠ざかっていて、もっぱら京都派です。LOVE。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-15 09:49

スウィーツ。

d0064815_10283744.jpg芋掘りでとれたサツマイモがクッキーになりました。前出のオーブン初登板。miyukiちゃんに教えてもらった蒸しパンは次回に。イモはまだたくさんあるので。
サツマイモの割合がかなり多めだったので、クッキーとスイートポテトの中間みたいな食感。型抜きするには柔らかすぎたようなので、残りのタネはアイスボックスにしてあります。
イモ好きな私はもちろん美味しく食べたし、イモ嫌いな恭一や夫も美味しく食べてくれました。

この頃の自分がなんでガラにもなく『いいお母さんごっこ』じみたことばかりしているのかというと、やっぱり、あと二ヶ月ほどで産まれるはずの赤ちゃんが関係あるのだと思います。
今、疲れただの寝不足だのと言っても、恭一がホントの赤ちゃんだった頃は、ミシン踏んだりお菓子作ったりしようと思う時間も余裕もなかったのです。なんだかんだ言って、色々やろうと思う余裕があるってことなんですよね。
赤ちゃんが産まれたら、しばらくは外出もままならず、その上、主張の強い二歳児もいるわけだから、またボロボロになるんだろうな。
と無意識の予測が働くので、行き急ぐかのように、今、なんだか色々やっておきたい気分。うん。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-09 10:40

enfant

d0064815_2232773.jpg
天気のさえない日が続いていたので、なんとなく家にいて、恭一用の秋冬服、上下で作りました。おフランスな感じ。(どこが?ほら、色とか、なんとなく)
モデル着用時の写真が無いのは、今シーズン着れるのか?っていうくらい、大きめに作っちゃったからです。
男の子だし、「そんなん要らん」と言われる日もそう遠くないだろうから、ほんと今だけの自己満足。
「息子に疎まれる母親」にちょっと憧れがあったりする。というか、いつまでも甘えられても困る。男子はいつまでも母親の作ったゴハンを食べてるべきじゃない。母親以外に甘えさせてくれる女子を早々に見つけるべきである。というのが私の基本的スタンスでありますので。
マザコンと母親想いは似て非なるものです。
自分の母親と自分の彼女の意見が万一対立したときには、自分の彼女の意見を尊重できる男子に、私は一票。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-06 22:47

秋なので。

芋・栗・南瓜の秋です。(南瓜は夏?)
ほくほくもそもそした食感のものは私の好物ばかりなのですが、なんとなくほくほくもそもそ系って女性の方が好みません?男性で芋・栗・南瓜系が好物という人にはあまりお目にかかったことがありません。
どうでも良いことですが私は、粉っぽいクッキーとかショートブレッドとかスコーンとかも大好物です。

d0064815_14495691.jpg

はい、そんなわけなので、友達と一緒に芋掘り遠足に行ってまいりました。
ざくざくと簡単に、しかも大量に取れました。食べきれないくらいね。
恭一は、土に触れないひよわっ子ですから、汚れ部門の作業は、みな母担当です。
やんなっちゃうわ。
さて、この大量のさつまいも、どうしましょうかね。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-04 14:59

衣食住の「食」

d0064815_1343474.jpg
デロンギのオーブンを譲り受けました。我が家のキッチンには備え付けのオーブンが無かったので、嬉しい限りです。このバタバタした日常の中で、オーブンを使う料理やお菓子作りなんてどのくらいの頻度でできるものか、それは???ですけどね。

料理は特別、好きでも得意でもない。でも日に2、3度は必ずキッチンに立つようになった今、料理は苦痛ではありません。
それもこれも、喜んで食べてくれる人の存在でしょう。
独り暮らしだったら、私は絶対料理しないと思います。独り暮らしでも自分だけのためにまめまめしく料理ができるヒトのことを「料理好き」と呼ぶのだと思う。
私の料理を待っているヒトがいるうちは、せっせと励むことに致します。
今度は、中華街に売っている蒸篭がほしいなー。
[PR]
by wg2mizu | 2006-10-01 13:48