Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2006年 07月 ( 11 )   > この月の画像一覧

夏のお題

梅雨明け宣言は出されていないみたいだけど、ほとんど夏の天候の毎日。強い日差しと夕刻の雷雨。
夏のはじまりと言えば、何か起こりそうな予感がして、でも結局たいしたことは何も起こらない、淡い期待と軽い失望を毎年繰り返したものだけど、ここ数年はそんな心の疼きとも無縁な日々です。

d0064815_13135351.jpg今年の夏のテーマは、「恋」でも「バカンス」でも「美白」でもなくて、極母親的に「おむつはずし」であります。今冬にはチビも産まれるし、この夏にはずしたいのですよー。しかし、はずれる気配は微塵もありません。
「出る前に教えてー」とおむつ交換のたびに語りかけるのですが、恭一はニヤニヤしながら「マエ!マエ!」と繰り返すだけ。
おっ、力みはじめたな、ウンチするな。という時はすぐに分かるんだけど、そのタイミングでトイレに連れて行かれるのを断固拒否する恭一。オムツを脱がされるのも断固拒否。ボクはここにするんです!とばかりにその場で踏ん張る。

↑ウンチしてシャワーした後、散らかし放題の部屋で、裸で考え事をしているようです。
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-29 13:15

3周年

d0064815_027346.jpg

今日は結婚記念日なのでした。
グリーン多めのみずみずしい花籠です。モンステラの葉がきれいです。
私は慢性疲労です。
もう寝ます。
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-26 23:25

健気

d0064815_23198100.jpg
先日。私。久々に泣く。そして大声を出す。
「女はこれだからいやだよ」というような不本意なことを言われても致し方ないような、情緒不安定ぷり。自分のことを、そんなに感情的な人間ではないと思っていたけど、なんだかねえ。感情が抑えられないときがありますよ。
男の人と暮らすのはむつかしいことです。

それよりなにより、私がそういう状態のときの、恭一が。
ニニーっと作り笑いをして私の足にまとわりついたり、私の頭を撫でたり、私の周りをぐるぐる走り回ったり、私の表情を緩ませようと必死。
ごめんごめん、きょうちゃんごめんよ、とまた泣けてきます。

今日は神戸の海まで出かけてきました。
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-24 23:27

安産祈願

d0064815_13223370.jpg雨が降る中、「戌の日」の安産祈願に宝塚の中山寺まで行ってきました。恭一、線香の煙にまかれて不機嫌になる、の図。
恭一の妊娠時も行ったのですが、考えてみたらお礼参りをしていなかったので、それも兼ねて。
結婚や妊娠出産などにまつわるエトセトラ、因習やならわし的なものを、意外なくらいきっちりこなしている自分がなんだか笑える。
パートナーになる人の性質性格にもよると思うけど、自分がこんなにマジメだったとはねえ、ふむふむ。

そういった因習などに対する考え方については、60年代後半から70年代に青春を過ごした自分の両親の方が、かえって奔放でフリーダムな感じさえします。(私の親が変わり者なだけかも。)
一番はっちゃけるべき年頃の頃に、世間がどん底で不景気だった、自分世代の人って、意外と保守的で堅実な感じがするなあ。(もちろん個人差大)
自分よりちょうど10歳前後年上くらいの、バブルまっさかりの時代に青春を過ごしたオニーサマやオネーサマのノリには、ついていけなかったりするし。
若かった頃の時代の空気って、その後の人生にも色濃く残るものじゃないかしら。
同年代のみなさん、どうですかね?そんな気、しません?
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-20 23:21

結局、僕は。

d0064815_2372381.jpg
連休中、実家の両親が恭一に会いに来ていて、雨のやみ間をぬって、ぼちぼちいろんな所に出かけたのですが、結局、今の恭一にとって一番楽しい所は、電車が絶え間なくやってくる駅みたいです。
「JR電車」とか「阪急電車」とか「貨物列車」とか、増えていく語彙は電車に関することがほとんど。「カモツレッシャ、トキドキ、クル、ネー」とか言ってます。
で、見えづらいですが、恭一が着用してるズボンは「菊」模様の手拭いズボン。また作りました。
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-18 23:13

妊娠日記 ②

身長150センチの女性と、身長170センチの女性。同じくらいの3キロ前後の赤ちゃんを産むとしたら、そりゃ、身長170センチの女性の方がラクだろうと思うのです。予定日直前のデカ腹っぷりも、カラダとのバランスから言って、150センチの女性の方が当然、パンパカパンに見えますね?
身長が168センチある私は、恭一を妊娠中も、妊娠7、8ヶ月になってようやく誰もが認める妊婦体型になったのですし、臨月を迎えても「えっ?もう臨月?赤ちゃんちっちゃめ?」とかよく言われたのです。いいえ、赤ちゃんのサイズは至って平均的でしたけどね。
いざ分娩!の時は、「初産だしねー、まだまだ時間かかるわよー」という助産婦さんの余裕っぷりをよそに、イヤもう出るってマジで。と思っていて、案の定、予想外のお産の進みの速さに助産婦さんたちが突然慌てだして、「アレ?ちょっと!先生呼んで!」、そして看護婦さんと「骨盤がしっかりしてるからかしら。。。速いわね」とコソコソ話。先生到着とほとんど同時に恭一は出てきてました。
私は日ごろから自分のカラダのサイズにコンプレックスを抱いてますからね。最高潮に陣痛が苦しい最中でも、そんな話はしっかり耳に入ってきました。「赤ちゃんの頭がスルリと通るくらいしっかりしてるのか、私の骨盤は。」と軽くショックさえ受けてました。
そんなわたくしですが、妊娠五ヶ月に入り、お腹がちょっと出てきました。でもこれも、妊娠を知らない人からしたら、ただのデブなのかなんなのか、微妙すぎる腹の出具合ですが。

d0064815_2252978.jpgベイビーは順調です。
今回かかっている産院では胎児の3D映像を毎回写真でくれるだけでなく、VHSのビデオに撮ってくれます。良い記念になりそうですね。元気にモニョモニョ動いていました。
二人目ベイビーだと赤ちゃんを迎えるテンションが、一人目に較べてどうしても低めなので、なんとなく不憫に思い、手拭いでよだれかけを作製しました。裏地は使い古したタオルにしたので、よだれダラダラっ子だったとしても安心安心。
気になる性別。。。まだ微妙なので、次回検診で確定したらご報告致します。
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-12 22:54

やっとできた!

d0064815_12391111.jpg
はい、仕事の遅い女です。
hyukkaさん直伝の手拭いズボン、ようやく自作ができました。
これはなんていう柄なのかなあ?縫い目のところの柄あわせとか全く気をつかってないし、とにかく全般に粗いつくりっぷりですが。
O型だし。初回作だし。
満足してます。ヤッタ!
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-11 12:41

タコスパーティー

d0064815_1325441.jpg大阪市内に住む友人、S夫妻が「御影高杉」のチョコレート菓子をお土産に、我が家に遊びに来てくれたので、タコスパーティーをしました。
タコス、準備も簡単で美味しくて楽しいので、おうちに人が集まるときにオススメです。
恭一には全くウケなかったけどね。


S夫妻は私が東京で働いていた頃からのつながりなのですが、実際にお付き合いが始まったのは結婚して大阪に来てからです。大阪へ来てはじめて出来た友達といっても良いくらいで、出会ったときは、楽しく遊べそうな友達できたなー、と思ったのですがその後すぐに私は妊娠してしまって、思うようには遊べませんでした。でも今でも、年に数回、訪ねたり訪ねてきてくれたり。
S夫妻には子供はいないのですが、だんなさんが子供の相手が異様に上手で、恭一はいつもあっという間になつきます。私のところへは全く寄ってこないで、ずっとだんなさんと遊んでいる。だからいつも私は奥さんとのんびりゆっくりお喋りできるのです。
夫妻はいつも仲良しでオシャレで「自由な大人」という感じ。そういう友達に会うとだいたいいつもなんだけど、自分の「生活臭さ」がイヤんなるというか恥ずかしくなるというか。そういう話をこないだマイ夫にしていたら、
「でも家族の生活を守るのが今のキミの仕事なわけだし、生活臭さがあって当然でしょう。生活臭さがなかったら仕事をサボってるってことでしょう。」
というようなことを言ってくれて、少し救われたんでした。
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-08 23:13

走る妊婦

d0064815_22164283.jpg
先日、友人親子が遊びにきてからというもの、恭一の「走りたい熱」が加速してます。家でも外でもとにかく「走りたい」!
雨の止み間に長靴履いてお外に出たら、スタコラ駆け出して追いかけるのが大変。
家に帰ってきたらきたで、追いかけっこをせがみます。家事の合間に恭一を追いかけたり追いかけられたり。
一日中、走っているぞ。
ええと、私、妊婦じゃなかったかしらね?自分でもウッカリ忘れそうになるくらいですよ。
運動不足にはならなそうだけど、お医者さんから「安静に」とか言われたら、日々をどうやって過ごすんだろう。まあ、恭一のときも「安静に」系のことは一度も言われず妊娠期を過ごせたので(むしろ「動きなさい」系の指示が出ていた)、今回もそうであろう。
食生活に関しても、恭一のときのような気の使い方はほとんどしていなくて、食べたいものを食べたいように食べてるなぁ。。。恭一の時は気を使っても太ったし。どうせ太るしナ。
あっ、こうやってオバサンが一匹出来上がっていくのですね。
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-06 22:26

達成感のある休日

子連れだと、今日やろう、と思ったことの半分くらいしかできないのが当たり前な毎日ですが、昨日はなんだかメキメキ動き回れました。
d0064815_1574813.jpg朝から洗濯機を三回まわして、雨で滞りがちだった洗濯物をサッパリ終了させる→神戸まで車を走らせて、その間車中で恭一はお昼寝→神戸に着いてお昼ご飯→義母への誕生日プレゼントをセレクト→行きたかった店に行き服を買う→神戸海洋博物館&カワサキワールドにてメカを堪能→南京街にてソフトクリームを食す→渋滞にはまることなく家に帰ってくる。
充実充実。頑張りすぎて本日はダラダラしてますが。

近頃、こどもの「育て方」とか「個性」って一体なんなのかな、と疑問に思っています。性格は先天的なものがかなりあると思うし、いい育て方とか悪い育て方って何よ?って思う。
私は、「こうしなさい」とか「こうであるべき」とかいう一方的な価値観を押し付けられるのが大嫌いで、自分も人にはそういうことをしないようにと心がけています。できるかはわからないけど、こどもに対してもその姿勢は崩したくないのですよ。そういうのを無責任というのかなあ。
恭一は「身体はデカくても気弱」タイプに言われることが多くて、実際、ともだちとの玩具の取り合いとかにも大体負けて、泣きながら私のところへ走ってくるんだけど、私はそれはそれでいいと思ってるよ、きょうちゃん。母もえらい泣き虫だからね。
[PR]
by wg2mizu | 2006-07-05 15:19