Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

<   2005年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

きょうちゃんごめんな。

d0064815_13181271.jpgいい加減、髪切ったらなアカン、という夫の声に後押しされて、恭一の散髪をしました。
暴れて嫌がるもので、なんだかアヴァンギャルドな前髪になってしまいました。(こうなるだろうな、という想像の範囲内でしたが)
ナナメにぶつ切りにされた前髪で、風邪治りかけの鼻水を垂らしていると、いつの時代のどこの国の坊やかしら、という感じです。
ま、男の子だし、夏だし、髪はいずれ伸びるし。気にしない気にしない。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-30 13:24

ふと気付けば。

d0064815_10305489.jpg昨日は、私たちの結婚二周年の日!
何もしないいつもどおりの日でした。夫は帰りが遅かったので、私は恭一と一緒に先に寝てしまいました。

朝起きたら、テーブルに立派な花束。(花籠?)
とりあえず、これからもよろしくということで。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-27 22:28

天神祭の夜に

d0064815_20311095.jpg
今日は天神祭の花火大会。恭一の具合も良くならず、夫も仕事なので、家のベランダから恭一と二人、寂しく花火を見ました。恭一は「ドン」という花火の音に怯えて、私の胸にぴったりはりついて離れようとしません。ずっと抱っこは疲れるので、ときどき床に置くと、怒ったように訴えるように「ンーマッ、ンーマッ」と言いながら私ににじり寄ってきます。そのうち、私の膝にもたれて眠ってしまいました。

ベランダから下界を見やると、色とりどりの浴衣を着て、彼氏やら友達やらと楽しそうに群れる少女たちがひしめきあっています。ほんの何年か前は私もあちら側にいたというのに、今はちっちゃな恭一と二人きりで、狭いベランダから空を臨んでいます。
d0064815_2037363.jpgそれが良いとか悪いとか、ハッピーとかアンハッピーとかではなくて、
それ以上でもそれ以下でもない、これが私の現実ということ。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-25 20:41

初・熱

恭一が産まれて初めて39度以上の高熱を出しました。身体がびっくりするほど熱くてアセアセしてしまったけれど、本人は至って元気でこの笑顔。d0064815_21143972.jpg
実は、熱を出す前日に、諸事情から恭一を一日保育所に預けるべく、その登録・予約などで保育所に恭一と共に出かけたのですが、その場でも彼はひどい号泣をして、どっか具合悪いんかなー、と思っていたのですが、夜に熱が出ました。
私は恭一と3時間以上離れたことがまだ一度も無くて、保育所に預けるのもかなりどきどきだったのですが、そういった緊張が恭一にも伝わったのかもしれません。なにやら不穏な空気を察したんでしょうか。一種の知恵熱なのかしら。
とりあえず、今回の保育所の予約はキャンセル。
熱のせいか、保育所に預けられるのがイヤだからなのか、恭一はいつもに増してベタベタ私に引っ付きまわり、大変なことになっています。
母が恭一と離れられる日はまだ遠そうです。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-22 21:24

痒い人

d0064815_20512494.jpg恭一は産まれてからずっとどこかがなんかしら痒い人です。
産まれてすぐは脂漏性湿疹(痒くないといわれているけど恭一は痒そうにしてました)、そのあとは乾燥と乳児湿疹が長引いていつも顔を掻きむしり常に顔が傷だらけ、そして今は汗疹です。
痒いのってね、イライラするんだろうなあ。愚図っているときとか怒っているときは、特に掻きまくります。
頭皮が特に痒いみたいなので、バリカンで丸刈りにすることを夫と検討中です。恭一は絶壁頭なので丸刈りにすると頭の形が目立っちゃうかな。

d0064815_20553253.jpg昨日は、参加させてもらっている育児サークル?のお友達と小麦粘土大会をしました。粘土をこねるなんてあまりにも久々だし、恭一はまだ何かを作ったりなんてできないので、母が張り切って恭一用ミニチュア弁当(縮尺率バラバラの)を作ったのに、恭一は見向きもしませんでした。私が楽しんだのでヨシとします。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-19 20:56

松山行き

松山から帰ってきて少し気分が落ち着きました。小さな子(=フレッシュな生命)が家の中にいる、というだけでそれはとても明るいニュースのはず。要は私の気持ちの持ち方次第なんだと思います。変わっていくのも、変わろうと努力するのも、自分次第なんです。
d0064815_2232445.jpg美味しいものをたくさん食べて帰ってきました。あゆの塩焼き、とても美味しかったです。美味しいものは人をシアワセにします。恭一は今、人見知りの盛りなので、いつもと違う環境で随分泣いたし、興奮気味で夜もうまく寝付けませんでした。でもやっぱり、いろんな人に可愛がってもらって嬉しそうでした。d0064815_2251746.jpg
恭一は初めて観覧車に乗りました。観覧車に乗ってる、ってことわかっていたのかな。あんまり外の景色を眺めたりはしませんでした。


以前は、旅行に行ったり、ちょっとさびれた田舎町を訪ねたりするといちいちメランコリックな気分になっていたような覚えがありますが、最近はそんなことがなくなりました。ハハになって感傷的な部分が鈍っているのかもしれません。歳をとるとはそういうことかしら。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-15 22:16

うまくいってないワタシの考え方

ストレスフルな毎日です。
恭一の自己主張が激しくなって、泣き方も変わってきました。
出かけようとしたところでウンチをしたり、ご飯ができたところでおっぱいが欲しくなって飲みながら寝ちゃったり、お風呂掃除をしようとする私の後を必死についてきて柱の角に頭をぶつけて号泣したり。ムイムイ怒っている恭一を気にしつつも焦りながら料理をしていたら、包丁で小指をざくっと切ってしまいました。。。
書いてみれば、どれも取るに足らない、笑いさえ誘うような些事だけれど、毎日、コドモと二人だけで過ごしている身にとっては、ほんとに辛く感じます。
夫を爽やかに送り出し、にこやかに迎えることができません。
この家と、そこから半径1キロくらいの範囲で完結している日常というのが恐ろしくさえあります。
私の場合、コドモを預けられる人も近くにいないし、夫もほぼ家にいないので、ほんとに恭一とべったりです。コドモと二人きりの時間が長すぎると、世の中との遠近感のとりかたがあやふやになってきます。
私は、ときどき心が荒んで思うままにお酒を飲んだり、親しい友達と辛口のおしゃべりをして自分を勢いづけたり(性根悪し)、というような行動をとることで気持ちのバランスを保っていた気がします。そういうなんていうか、「自分の毒素抜き」みたいな行為が、コドモを産んでからできていない。だからバランスが崩れてきています。私は聖母じゃない。
そろそろ社会復帰に向けてのリハビリを開始しなくちゃいけないかもしれません。

明後日から、夫の実家(松山)に帰省します。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-08 22:02

ピカピカ

我が家に赤い車がやってきて、車LOVEの夫はごきげんです。運転したくて仕方がなくて、今日は神戸まで行ってきました。

d0064815_8552660.jpgそういえば昔、誕生日プレゼントのリクエストを聞いたら、「タイヤ」と言われて、贈ったっけ。今思えば、彼氏への誕生日プレゼントがスタッドレスタイヤ、ってどうなんだろ、って感じですが。


d0064815_858964.jpg
恭一は初のチャイルドシートですが良い感じに眠ってくれました。
でも私たちは南京町で食した中華にやられて、なんだか胃が痛い夜です。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-06 22:54

祝。10ヶ月

満10ヵ月になりました。一日一日は同じことの繰り返しのようで、当たり前ですが同じ日は二度と訪れません。恭一の成長をちょっと客観的な視線で見てみれば、良くわかります。

d0064815_21543059.jpg自分でえいっと立ち上がって大笑い。足の裏の感覚が新しいかな。

眠って、起きるたびに、一段階ずつ成長しているみたいです。
[PR]
by wg2mizu | 2005-07-02 21:49