Fragment in daily life

wg2mizu.exblog.jp

寄り添う。

d0064815_14555384.jpg
急に寒くなってきて、お腹も重たくなってきて、すんごい頻尿だし、外出が億劫になってきた。陽の当たるうちに恭一を庭で遊ばせてます。
自分が済ませなきゃならない用事(っていったって買い物とか銀行とか夕飯作りとか)が目の前に積まれていると、恭一の都合を考えず、とにかく親の都合に合わせようとしてしまいがち。
たいがい親は、それに子供が従わないと、「あーワガママな子だ」と苛々してしまうんだけど、子供の立場から言わせたらさぞかし、「あーワガママな親だ」って感じなんだろうな。
「大人と子供」という図式に乗っかって、子供をコントロール(或いは支配)しようとしてしまうから、大人は悪いと思う。
子供にとっては、手の込んだ料理とか整理整頓された部屋なんかどうだって良くって、目の前のドングリやアリンコや滑り台が何より重要な用事なのでしょうから。
そして、ママがイライラカリカリしながら手の込んだ料理を作って部屋を整理整頓することなんかよりも、ニコニコしているあったかいママが自分の発見したドングリを誉めてくれて抱きしめてくれることの方がよっぽど嬉しいんだろうな。

こどもの側に寄り添うような育児ができたら、と思う。それは決して、こどものワガママをきいてやる、ということではないと思うのです。
[PR]
by wg2mizu | 2006-11-18 15:12